トットナムに移籍の韓国代表エースに「去ってくれてありがとう」 前所属クラブ幹部が本音ポロリ

37億円で移籍したソン・フンミンに、レバークーゼンSDのフェラー氏が感謝

 昨夏トットナムに移籍したMFソン・フンミンについて、前所属レバークーゼンのスポーツ・ディレクターを務めるルディ・フェラー氏が、売却は良き判断であったことを明言している。ドイツ紙「キッカー」が報じている。

 レバークーゼンは昨夏、ソン・フンミンを3000万ユーロ(約37億円)でトットナムに売却。その資金でマンチェスター・ユナイテッドからFWハビエル・エルナンデス、ドルトムントからMFケビン・カンプルを獲得し、今季のリーグ戦を昨季よりも1つ順位を上げ、3位で終えることに成功した。

 フェラー氏はレバークーゼンを昨季以上に強いチームへと進化させることができたことについて、ソン・フンミンの退団が大きな影響を与えたと断言している。

 

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング