久保&堂安を絶賛、「ありえないミス」で最低点は? 英記者がメキシコ戦“先発11人”を採点

英記者がメキシコ戦“先発11人”を採点【写真:AP】
英記者がメキシコ戦“先発11人”を採点【写真:AP】

東京五輪GL第2戦でメキシコに2-1勝利、GK谷は好守見せるも失点シーンを厳しく評価

 U-24日本代表は25日、埼玉スタジアムで行われた東京五輪のグループリーグ第2節で難敵メキシコ代表と対戦し、2-1で勝利した。難敵相手に序盤の2ゴールで試合を優位に進め、2連勝でベスト8進出に大きく近づいた日本の戦いぶりを海外の識者はどのように見たのか。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏がメキシコ戦に先発出場した11人を採点。値千金のゴールを奪ったレフティーコンビに最高点を与える一方、終盤メキシコの猛攻を招いた守護神に「ありえないミス」と単独最低点で酷評している。

  ◇   ◇   ◇

東京五輪・メキシコ戦のU-24日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
■谷 晃生(湘南ベルマーレ) 5点
 穏やかな夜で起こったありえないミスで、メキシコに挽回の絶好期を与える結果に。後半アディショナルタイムに同点のピンチを防いだセーブは見事だったが……。

【DF】
■酒井宏樹(浦和レッズ) 7点
 先制点を呼ぶ堂安へのパスが試合の流れを決める結果に。右サイドでの連係が日本の生命線と証明。

■吉田麻也(サンプドリア) 6点
 順風満帆の夜だった。終盤メキシコの猛攻に晒されるまでだが……。あわや同点のピンチでは、ブラディミル・ロローニャに完璧に競り負けてしまった。

■板倉 滉(フローニンゲン) 6点
 故障の冨安の代役を務めた。前半にエリック・アギーレのユニフォームを引っ張った場面でレフェリーに見逃されたのは、幸運だった。

■中山雄太(ズウォレ) 6点
 ディエゴ・ライネスの対応に苦しみ抜いたが、使命は果たした。初戦ほどの攻撃参加を見せることはなかった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング