東京五輪「未招集ベスト11」 ムバッペら“来日できなかった”スター候補の顔ぶれは?

コートジボワールのディオマンデは東京五輪で見たかった逸材

 最終ラインのウパメカノ、クンデ、DFエデル・ミリトンはワールドカップ(W杯)など年齢制限のない国際舞台でもトップレベルの働きが期待できる3人。そのほかのDF陣ではリヨンに所属するコートジボワールのDFシナリー・ディオマンデが面白いタレントで、願わくは東京五輪でブレイクしてほしかった。

 守護神にはA代表のレギュラーであるGKウナイ・シモン(スペイン)をはじめ良いメンバーが揃ったので、逆の意味で3人を選ぶのに苦労した。そのなかでEUROでシモンの控えだったスペインのGKロベルト・サンチェス、セリエAのローマで活躍するブラジルのGKフサト、そしてナントのGKラフォントを選出。ファーストチョイスの守護神はラフォントとした。

 五輪の場合は開催時期やサッカーにおける位置づけ、規定の事情もあり、国によってベストメンバー度にかなりの差が出ているのも事実だが、本番では出場する選手たちのメダルを懸けた熱い戦いに期待したいところだ。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング