「美しい物語」 心優しきメッシ、100歳ファンへ粋な計らい…海外称賛「夢が実現」

メッシの粋な計らいが話題を呼んでいる【写真:AP】
メッシの粋な計らいが話題を呼んでいる【写真:AP】

メッシの全ゴールを“手書き”するエルナンさん、本人からのメッセージが届く

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、2004年にバルセロナのトップチームでデビューして以来、数多くのゴールを決めて世界中のファンを魅了してきた。そんな名手のゴールを、母国アルゼンチンで一つひとつ手書きで記してきた100歳のおじいさんがSNSで話題となり、それがメッシ本人の元に届きメッセージが送られたことが、海外メディアで「美しくエキサイティングな物語」として大きな話題となっている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 先月に34歳となったメッシは、17歳でバルセロナでトップデビューを果たして以来、数々の伝説的なプレーを披露。黄金期を迎えたチームに多くのタイトルをもたらし、自身も史上最多6度のバロンドールを受賞するなど「史上最高のサッカー選手」としての地位を築いてきた。そして今月10日には、コパ・アメリカ(南米選手権)で悲願の初制覇。A代表ではタイトルに恵まれなかったなか、ついに頂点に立った。

 そんな稀代の名手は、これまでクラブと代表で通算700ゴール以上を奪ってきた。その姿に魅了されている人は多いが、母国アルゼンチンで100歳のファンとの交流が話題を呼んでいる。

 アルゼンチンメディア「Infobae」などによれば、メッシの大ファンだというエルナンさんは、これまでクラブや代表でゴールを決めるたびに、日付や対戦相手の名前、得点数をノートに手書きしてきた。そんなこだわりの趣味を、孫のフリアン・マストランヘロさんが先日SNSに投稿。すると100歳の祖父エルナンさんの姿が話題になり、ついにはメッシ本人からビデオメッセージが届いた。

「こんにちは、エルナン。あなたの話が僕のところに届きました。ゴールを記録しているやり方は凄い。大きな抱擁をあなたに送り、あなたがやっていること、注目に感謝し、最善を祈っています。また会いましょう」

 メッシからのビデオメッセージを孫のフリアンさんから見せられたエルナンさんは、驚きながらも「この先も最後まで君のことを見続けるよ」と喜びを語っていた。

 この心温まる交流に多くのメディアが反応しており、スペイン紙「マルカ」が「100歳のエルナンへの優しいメッセージ」と伝えれば、衛星放送「ユーロ・スポーツ」スペイン版も「エルナンの夢の一つが実現した」と注目。また米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ番組「スポーツセンター」公式ツイッターが「美しくエキサイティングな物語」と綴るなど、心優しきメッシの振る舞いが大きな反響を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング