「課題が出た」 三好康児、ホンジュラス戦後半失速の要因に挙げた五輪への修正点

日本代表MF三好康児【写真:Getty Images】
日本代表MF三好康児【写真:Getty Images】

ホンジュラスに3-1で勝利も、後半運動量が落ちてミスも続出

 東京五輪に出場するU-24日本代表は12日、キリンチャレンジカップ(ヨドコウ桜スタジアム)でU-24ホンジュランス代表と対戦。本選まで実戦ラスト2試合となったなかで、MF堂安律(PSV)の2ゴールなどで3-1と勝利したが、フル出場したMF三好康児(アントワープ)は、終盤の失速を課題に挙げている。

 立ち上がりから日本は猛攻を見せ、前半13分にフリーキックのチャンスをMF久保建英(レアル・マドリード)が最終ラインの背後にふわりと浮かせると、タイミングを合わせて入ってきた主将のDF吉田麻也(サンプドリア)が丁寧に流し込んで先制に成功した。

 その後もホンジュラスに良い形の攻撃を許さなかった日本は前半40分、DF冨安健洋(ボローニャ)が出足の良いカットから攻撃参加して左サイドから中央にパスを送ると、FW林大地(サガン鳥栖)が得意のポストプレーでつなぎ、堂安が流し込んで追加点。2-0とリードを広げて、ハーフタイムを迎えた。

 後半も攻撃的な試合を展開していた日本だが、ゴール前の精度をやや欠く面があったのは前半と変わらなかった。そして同20分、最終ラインの背後に出られると、そのシュートはGK谷晃生(湘南ベルマーレ)が体に当てたものの、ボールを見失ったところからこぼれ球を触ろうとした冨安に当たったボールがそのままゴールに転がり、オウンゴールで失点。リードは1点に縮まった。

 日本は後半30分、途中出場のFW前田大然(横浜F・マリノス)がGKとの1対1を決められなかったが、同40分には左サイドから途中出場のMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が出したラストパスに堂安が飛び込んでゴール。日本は3-1で勝利し、全体に失点を予感させる場面は少なかったものの、試合内容をスコアに反映するという点で決定力には課題が残った。

 左サイドで精力的な動きを見せ、久保交代後はトップ下に入った三好は試合後、「今日はそこまで暑さもなかった」と前置きしたうえで、後半中盤以降のペースダウンについて言及した。

「全体として体力的な問題で落ちてくるなかで、1失点したところは、少しスピードダウンしたなかでどう試合をコントロールするか、課題が出たと思う」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」