「状況はさらに複雑」 グリーズマン、コナミとのアンバサダー契約解除に中国が懸念指摘

バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

世界各国のクラブと提携しているコナミとの契約解除による懸念に中国メディア言及

 バルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、株式会社コナミと締結していたカードゲームのアンバサダー契約を解除されるなど、日本人差別疑惑による影響が大きい。中国メディアも「状況は複雑」と指摘している。

 今回の騒動は英紙「デイリー・メール」などが報じたもので、2019年夏にバルセロナのプレシーズンツアーで来日した際のものと見られる映像がSNS上に流出したのが発端。宿舎となっていたホテルの部屋でデンベレとグリーズマンが日本人スタッフの容姿や言葉を侮辱した言動が収められていたとして、世界各国で連日報道されている。

 こうした状況を受けて、2017年からバルサのスポンサーとなっている楽天グループ代表の三木谷氏が、6日にツイッターで声明を発表。「FCBの選手が差別的発言をした事について、クラブのスポンサーまたツアーの主催者としてとても残念に思います」と記したうえで、「楽天はバルサの哲学に賛同し当クラブのスポンサーをしてきただけにこのような発言は、どのような環境下でも許されるものではなく、クラブに対して正式に抗議すると共に見解を求めていきます」と、クラブに対して抗議することを表明した。

 そして、株式会社コナミは7日、公式サイトで「FCバルセロナに所属する選手の発言について」と題してリリースを発表。「スポーツの理念がそうであるように、いかなる差別も許されるものではないと考えています。遊戯王コンテンツでは、グリーズマン選手とのアンバサダー契約は解除することとしました。サッカーコンテンツでは、FCバルセロナに対してクラブパートナーの立場として本件の詳細な経緯と今後の対応の説明を求めていきます」とアンバサダー契約の解除を発表した。

 中国メディア「新浪科技」は、「コナミは人種差別疑惑で、バルセロナのグリーズマンとの契約を解除と発表」との見出しでレポートしている。

「コナミはウイニングイレブンの発売元でもある。世界中の多くのサッカークラブと提携しており、状況はさらに複雑だ。2人の選手(グリーズマンとデンベレ)が今後どのような責任を負うことが求められるか分からないが、コナミとグリーズマンのパートナーシップが終わったことは明白だ」

 記事では、コナミが世界各国のサッカークラブと提携関係にあるため、アンバサダー契約解除以外の“追加措置”に関しても懸念していた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング