鮫島彩、初代ユニフォームのモデル担当で主将が反応 「サメちゃん着るとよりいい!!」

新ユニフォームのモデルを務めた大宮VのDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】
新ユニフォームのモデルを務めた大宮VのDF鮫島彩【写真:©WE LEAGUE】

WEリーグは「X-girl」のユニフォームを採用 鮫島はさいたま市大宮盆栽美術館で撮影

 2021年9月にスタートする日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」は6日、レディースストリートウェアブランド「X-girl」によりデザインされた新ユニフォームデザインを発表。大宮アルディージャVENTUS(大宮V)はDF鮫島彩がモデルを務め、キャプテンも「サメちゃん着るとよりいい!!」と反応している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 WEリーグは、2021-22シーズンに参戦するマイナビ仙台レディース、大宮アルディージャVENTUS、ちふれASエルフェン埼玉、ジェフユナイテッド市原・千葉レディース、ノジマステラ神奈川相模原、AC長野パルセイロ・レディース、アルビレックス新潟レディースの7チームが着用する「X-girl」のユニフォームを発表。デザインには、「人と違うことを恐れない。ファッションも、夢も、自分らしい個性を放ちながら生きていく。一人一人が自分の個性を愛し、自分らしい選択を誇ることを応援する」という思いが込められている。

 そのなかで、大宮Vは男子トップチームの今季ユニフォームと同様のデザインを採用。フィールドプレーヤー・1stのユニフォームは、さいたま市の伝統産業である「盆栽」をモチーフにした個性的なデザインで、フィールドプレーヤー・2ndのユニフォームは、古くから鉄道の町として知られる大宮からインスパイアされた「線路」をモチーフにし、選手たちが地域の人々の思いも乗せて、アウェーでの厳しい戦いに挑む姿を表現している。

 WEリーグ公式ツイッターによれば、ポートレートは各クラブのホームタウンをバックにしており、大宮Vはさいたま市大宮盆栽美術館にて撮影。モデルはベテランの鮫島が務めた。これに、大宮Vのキャプテンに就任したDF有吉佐織は、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で「記念すべき初代のユニフォーム。ユニかわいい!! サメちゃん着るとよりいい!! #みんなのサメちゃん」と反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」