浦和ユンカー&興梠が不発も…指揮官が示した“前向き”なスタンス 「良いと思う」

浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】
浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督【写真:Getty Images】

仙台戦で0-0ドロー、ロドリゲス監督は内容面を評価 「何とか勝てたというより…」

 浦和レッズのリカルド・ロドリゲス監督は、3日のJ1リーグ第21節ベガルタ仙台戦で決定力を欠いて0-0の引き分けに終わると、その試合内容と結果について「全然チャンスがないけど、何とか勝てたというような試合よりも良いと思う」と、その考え方を話した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浦和は4-4-2のブロックを組んで固く守ろうとする仙台を相手に序盤から攻勢に出たが、ことごとく決定力を欠いた。前半6分にはDF西大伍のクロスをFWキャスパー・ユンカーがゴール前でフリーのヘディングシュートを放ったが、相手GKの正面に飛ばしてしまった。後半にはペナルティーエリア内でMF小泉佳穂が右足を振り抜くもGKの守備範囲内に飛び、最後の時間帯ではコーナーキックからゴール前でフリーのDF岩波拓也がヘディングシュートを枠に飛ばせなかった。

 他にもユンカーやMF汰木康也、途中出場のFW興梠慎三に決まってもおかしくないようなチャンスが何度もありながら無得点での引き分けになった。後半8分に仙台のビッグチャンスをGK西川周作が防いだ場面があったものの、リカルド・ロドリゲス監督は試合後に「全体のバランスで見れば良いチャンスを数多く作って勝利に相応しい内容だった。最後の決めるところができなかった。1-0、2-0でもおかしくない内容の試合だったと思う」と振り返った。

 新加入から5月にデビューしてゴールを量産してきたユンカー、2013年の浦和加入から仙台戦で18ゴールの興梠も不発に終わった試合だったが、ロドリゲス監督はこうした内容の試合で0-0の引き分けに終わったことの捉え方をこう話している。

「1つの考え方として、パフォーマンスはすごく良かった。内容やチャンスの数という面で。ただ、ゴールは取れなかった。勝利はできたけど、チャンスを作れないということなら心配しないといけない。今回はチャンスもあったが勝てなかった。これを今後続けていくしかないと思う。どちらかと言えば、今日のようなチャンスを作って勝ち切れないほうが、全然チャンスがないけど、何とか勝てたというような試合よりも良いと思う。それを決められるようにやっていきたい」

 確かに、目の前にいるのはGKだけという状況で放ったシュートが3本、4本とある状況では、攻撃の質について深刻に考えすぎる必要はないのだろう。ボールを保持して攻撃的にサッカーを進めようとするロドリゲス監督にとって、決定力を欠いた試合に「あれだけやって決められなかったフラストレーションもある」とは話したものの、何かを変える必要があると捉えるべきではないゲームだったと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」