ユナイテッド、新ストライカー獲得希望と英報道 エバートンの24歳FWに関心か

昨季プレミアリーグで16ゴールを決めたFWキャルバート=ルーウィン【写真:Getty Images】
昨季プレミアリーグで16ゴールを決めたFWキャルバート=ルーウィン【写真:Getty Images】

エバートンの英代表FWキャルバート=ルーウィンへの関心を英紙が指摘

 マンチェスター・ユナイテッドはイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得を決めたのに続き、新たなストライカーの補強を熱望しているようだ。候補としてエバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンが浮上している。英紙「ザ・サン」が報じた。

 昨夏に失敗に終わったサンチョ獲得を決めたユナイテッドだが、2019年に退団したベルギー代表FWロメル・ルカク(インテル)の穴を埋める新たな9番を探し続けているという。

 そしてその“理想的な候補”として名前が挙がっているのがキャルバート=ルーウィンだ。24歳のストライカーは身長187センチの長身を生かしたパワフルなプレーに特長があり、昨季はプレミアリーグで得点ランキング6位の16得点をマーク。そのうち、7得点をヘディングで決めた。サポーターが選ぶクラブの年間最優秀選手にも選ばれたほか、プレミアリーグの最優秀若手選手の最終候補にもノミネートされていた。

 ユナイテッドOBのリオ・ファーディナンド氏は「私は今年何度もエバートンを見たが、彼はディフェンダーを不安にさせる」とその実力を称賛。そして「マンチェスター・ユナイテッドにとって素晴らしい補強になるだろう」と同選手の獲得に太鼓判を押している。

 イングランド代表として欧州選手権に参戦しているキャルバート=ルーウィン。同胞サンチョに続く目玉補強としてユナイテッドに加わることはあるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング