「歴代でも弱かった韓国との対戦回避」 W杯最終予選組分けに韓国反応「日本は安堵」

最終予選では別グループとなった日本代表と韓国代表【写真:Getty Images】
最終予選では別グループとなった日本代表と韓国代表【写真:Getty Images】

韓国は中東勢揃いのグループA、日本はグループBとなり、因縁の日韓対決は実現せず

 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組み合わせ抽選会が1日に行われ、7大会連続の本大会出場を目指す日本はグループBに入り、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムとの対戦が決まった。9月から来年3月にかけて10試合で争われるなか、グループAに入った韓国メディアは、「日本は安堵のため息」と取り上げている。

 最終予選は9月2日に開幕し、来年3月29日の最終節までホーム&アウェー方式の10試合で争われる。アジアの出場枠は開催国カタールのほかに「4.5」で、各組上位2チームがW杯出場権を獲得。3位チームはプレーオフに回り、勝者が大陸間プレーオフに臨み最後の1枠を懸けて争う。国際サッカー連盟(FIFA)が発表したランキングでアジア最上位となり、イランとともにポット1に入った日本は、2018年ロシアW杯の最終予選でも戦った強豪オーストラリア、サウジアラビアとグループBで同居。そしてポット4からは、FWエウケソンらを帰化させて強化している中国が入った。

■グループA
イラン
韓国
UAE
イラク
シリア
レバノン

■グループB
日本
オーストラリア
サウジアラビア
中国
オマーン
ベトナム

 グループAに入った韓国は今年3月の親善試合で、FWソン・フンミンら主力が不在だったとはいえ、日本に0-3で完敗を喫した。韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、「サッカー日本代表は、カタールW杯最終予選で韓国と別の組になり、日本メディアは安堵のため息をついた。歴代ワールドカップ予選で特に弱かった韓国との対戦を回避した」とやや皮肉交じりに伝えていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング