中国は「日本と豪州を越えなければ…」 W杯アジア最終予選の組分けに海外紙指摘

日本、オーストラリアと同組となった中国【写真:Getty Images】
日本、オーストラリアと同組となった中国【写真:Getty Images】

日本、豪州と同グループの中国、最終予選突破の可能性に香港英字紙が言及

 アジアサッカー連盟(AFC)は1日、マレーシアのクアラルンプールで2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の組み合わせ抽選会を実施した。W杯7大会連続出場を目指す日本はグループBに入り、オーストラリアや中国など同組となったなか、香港英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は「日本とオーストラリアが、中国のW杯の夢の前に立ちはだかる」との見出しで注目している。

 グループBに入ったのは、日本、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、そしてベトナムの6カ国だ。最終予選は9月2日に開幕し、来年3月29日の最終節までホーム&アウェー方式で争われる。アジアの出場枠は開催国カタールのほかに「4.5」で、各組上位2チームがW杯出場権を獲得。3位チームはプレーオフに回り、勝者が大陸間プレーオフに臨み最後の1枠を懸けて戦う。

 この抽選結果を受けて、「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」紙は「中国は次のカタールで開催されるW杯に出場するためには、日本とオーストラリアを越えなければいけない。李鉄監督の率いる代表チームは、アジア予選で他の上位2カ国となるイラン、韓国との対戦は免れた。いずれにしても、アジアで最高の12チームだけが残っており、簡単な試合などない」と、報じている。

 2次予選の最後の4試合に勝利し、最終予選進出を決めた中国代表の李鉄監督は「とても良いグループだ。私たちは最善を尽くす」とコメントし、日韓大会以来、通算2度目となるW杯出場に向けて、前向きに語っている。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」