「漂白剤をかけた?」 トッテナムの来季ユニフォーム、“奇抜”な流出デザインに英注目

トッテナムの新1stユニフォームを着用したソン・フンミン【※画像はトッテナム公式ホームページのスクリーンショットです】
トッテナムの新1stユニフォームを着用したソン・フンミン【※画像はトッテナム公式ホームページのスクリーンショットです】

来季サードユニフォームのデザイン画像が流出、派手なデザインにファン酷評

 イングランド1部トッテナムの来季サードユニフォームのデザイン画像が流出し、その奇抜な柄に賛否の声が挙がっている。英紙「ザ・サン」はSNS上に寄せられたファンの反応を紹介し「満足していない」と指摘している。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」によると、今回流出したトッテナムの2021-22シーズン用サードユニフォームのデザインは主に紫と白色で構成され、襟と袖部分が黒色で縁取られている。

 内側にはトッテナムのエリアを含む北ロンドンの郵便番号地区を表す「N17」のロゴがプリント。この「N17」地区にインスピレーションを受ける形で、ユニフォームの全面に同地区周辺の写真が使用されているといい、シンプルな柄からは大きくかけ離れた奇抜な一着になっている。

 このデザインが流出したことを受け、「ザ・サン」紙はファンの反応を紹介。SNS上には「誰かがそれに漂白剤をかけたのか?」「ハリー・ケインが出て行きたがるのも無理はない」「醜いチームには醜いシャツを!」といった酷評が寄せられたことから、「ファンはこの紫とライムのハイブリッドに満足しておらず、あるファンはこう冗談を言っている。『ハリー・ケインが出て行きたがるのも無理はない』」と綴っている。

 現在、来季に向けた監督人事が難航しているうえに、エースFWハリー・ケインの去就問題にも揺れているトッテナム。そんななかでリークされた奇抜なユニフォームデザインは、ファンの不評を買うものになってしまったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング