Jリーグ主審がピッチで”落とし物”!? まさかの”珍場面”が反響「こういうシーン好き」

レフェリーが試合中に落とし物?(写真はイメージです)【写真:高橋 学】
レフェリーが試合中に落とし物?(写真はイメージです)【写真:高橋 学】

主審が落とした"仕事道具"を広島DF荒木が手渡したワンシーンにJ公式が注目

 J1リーグ第18節・サンフレッチェ広島対柏レイソル(1-0)の一戦で、選手がレフェリーの落とし物を拾ったワンシーンにJリーグ公式ツイッターが注目。珍しい場面にファンからは「ナイスプレー!」「こういうシーン好き」といった声が寄せられている。

 ”珍場面”が見られたのはスコアレスで迎えた後半19分、柏がコーナーキックを獲得した場面だ。中継映像では広島DF荒木隼人が右手で何かを持ちながらレフェリーにアピールする姿が映っており、これに気づいた高山啓義主審は荒木のもとへ駆け寄っていく。

 荒木の手がクローズアップされると、その正体はイエローカードとレッドカードが入ったケースだったことが判明。どうやらレフェリーはピッチ上にこの大事な”仕事道具”を落としてしまったようで、荒木から手渡されると思わず苦笑いを浮かべていた。

 この一連のシーンにJリーグ公式ツイッターが注目。「落としましたよ~!! サンフレッチェ広島の荒木隼人選手が落とし物を拾ってくれていました」と綴り動画を投稿すると、ファンからは「もし誰も気付かなかったら大変 ナイスプレー!」「こういうシーン好きだな 今後荒木選手を応援したくなる」といった声が寄せられ、荒木本人も「なんか最近はプレー以外の所で注目されることが多い」と、思わぬ場面にスポットライトが当たったことへ反応していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング