南野拓実、愛用スパイクに“感謝のキス”写真投稿 「来シーズンは…お楽しみに!」

サウサンプトンでプレーした日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
サウサンプトンでプレーした日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

12日にクラブ事情で日本代表を途中離脱し、新シーズンの去就に備える

 日本代表MF南野拓実は、2020-21シーズンの戦いをすべて終え、公式インスタグラムを更新。今回の代表活動中に、足元を支えてくれるスパイクに感謝の意を示すかのようにキスする写真をアップし、「来シーズンは…お楽しみに!」と綴っている。

 南野はリバプール2年目の今季、プレミアリーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)でリーグ初ゴールを決めたが、激しいポジション争いで徐々に序列が後退。今年2月にサウサンプトンへシーズン終了までの期限付き移籍が決まった。

 ベンチを温める日々が続く期間もあったが、サウサンプトンでは最終的にリーグ戦10試合で2ゴールを記録。日本代表活動に合流すると、5月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(10-0)、6月7日の同タジキスタン戦(4-1)でゴールを挙げ、MF本田圭佑が持つW杯予選7戦連続弾の記録に並んだ。

 クラブ事情のため、12日に途中離脱となり、15日のW杯アジア2次予選キルギス戦(5-1)は欠場したが、良い形でシーズンを終えたと言えるだろう。

 南野は17日にインスタグラムを更新。感謝の意を示すようにスパイクにキスをする写真とともに、「今シーズンもありがとう。来シーズンは…お楽しみに!」と綴った。

 リバプール復帰か、サウサンプトンへの完全移籍か、様々な現地報道があるなかで、南野は新シーズンをどのチームで迎えるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド