「日本の主役」久保に最高点、“落第”評価は? 英記者、ジャマイカ戦“先発11人”を採点

三笘は「出色の出来」、田中も「高質な働き」

【MF】
■遠藤 航(シュツットガルト) 7点
 A代表のみならず、U-24代表の舞台でまたしても重要性を示す。素晴らしい連係からのフィニッシュに拍手。

■田中 碧(川崎フロンターレ) 7点
 若きフロンターレの司令塔がまたしても高質な働き。遠藤との連係は練度を増すばかり。

■三笘 薫(川崎フロンターレ) 7点
 完璧な上田綺世へのスルーパスなど、出色の出来。Jリーグ産の巨大な才能の海外移籍のタイミングはいつなのか。

■堂安 律(ビーレフェルト→未定) 7点
 機動力とスピード、スキルで存在感を示した。ゴールに相応しい貢献。

■久保建英(ヘタフェ) 8点
 ブリリアントの一言。常にヘッドアップした状態で、ゴールに加え、縦横無尽の躍動。日本攻撃陣の主役だ。

【FW】
■前田大然(横浜F・マリノス) 5点
 熱意と気合と運動量は示したが、ゴール前では全く脅威にならず。考え得る最悪のタイミングで失意のパフォーマンス。

page1 page2 page3

マイケル・チャーチ

アジアサッカーを幅広くカバーし、25年以上ジャーナリストとして活動する英国人ジャーナリスト。アジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ6大会連続で取材。日本代表や日本サッカー界の動向も長年追っている。現在はコラムニストとしても執筆。

今、あなたにオススメ

トレンド