トップ下・鎌田大地が描く“セルビア攻略法” 「相手はすぐにイライラして…」

日本代表の攻撃を牽引するMF鎌田大地【写真:河合 拓】
日本代表の攻撃を牽引するMF鎌田大地【写真:河合 拓】

初の欧州勢との一戦、鎌田は森保ジャパンが「良い方向に向かっている」と確信

 日本代表は11日に国際親善試合のセルビア代表戦(19時25分キックオフ)を戦う。FIFAランキング25位の欧州勢とのテストマッチに向けてオンライン取材に応じたMF鎌田大地(フランクフルト)は、セルビアの選手について「すぐカッとなる部分や、人間的に弱いと思う部分もある」との見解を示し、日本の細かくつなぐスタイルは通用すると語っている。

 先月28日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦に10-0で勝利し、2試合を残して最終予選進出を決めた日本代表は、ジャマイカ戦の中止により急遽組まれた今月3日のU-24日本代表との“兄弟対決”に3-0で勝利。7日に行われたW杯予選のタジキスタン戦では大幅にメンバーを入れ替え、今予選初失点を喫したものの4-1で勝利した。

 今年に入ってから3月の韓国戦(3-0)、モンゴル戦(14-0)を含めてアジア勢との対戦が続いていた日本にとって、今回対戦するセルビアは久しぶりの他大陸チームとのゲームになる。さらに“欧州勢”と戦うのは、2018年7月のロシアW杯決勝トーナメント1回戦のベルギー戦(2-3)以来で、森保ジャパンでは初となる。

 セルビア戦を前に報道陣の取材に応じた鎌田は、4-2-3-1のトップ下“一番手”として起用されている現状について、「地位は確立したと思っていないし、サッカーの世界は速いので今良くてもすぐに状況が変わる」と冷静に受け止めている。そして現在の日本代表は「良い方向に向かっている」としたうえで、「継続して、個々の能力、個々のレベルアップしかないと思うので、良いクラブでスタメンで出続けるのが、代表が強くなる近道かなと思う」と力説した。

 そんな鎌田は今季、フランクフルトでブンデスリーガ32試合に出場し5得点12アシストと活躍。欧州トップレベルの舞台で戦い続ける日本人アタッカーにとって、今回対戦するセルビアはイメージしやすい相手のようだ。「フィジカルの強いイメージがある。(一方で)すぐカッとなる部分や、人間的に弱いと思う部分もある。日本が狭い距離感でボールを保持できれば、相手はすぐにイライラして自分たちのプレーができなくなると思う」と、ショートパスを多用する日本のスタイルは武器になると分析している。

 チームメートに対して「敵が後ろにいても、無理でも当ててくれと言っている」と要求していることも明かした鎌田。屈強なセルビア相手に怯むことなく、トップ下でボールを受け、細かくつないで敵陣を攻略するイメージが頭の中で描かれているようだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング