イングランド代表、EURO初制覇の鍵は”レスター流”! 「最高の準備」で再現を狙う

最終候補26選手を発表したホジソン監督

 6月にフランスで開幕する欧州選手権(EURO)に臨むイングランド代表のロイ・ホジソン監督は16日、最終候補メンバーとなる26選手を発表した。マンチェスター・ユナイテッドの18歳新星マーカス・ラッシュフォードをサプライズ選出するなど、初優勝に執念を燃やす指揮官は、EUROの舞台で今季のプレミアリーグを奇跡的に制したレスター・シティ躍進の再現を誓っている。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

 5月23日のトルコ、28日のオーストラリア、6月3日のポルトガルとの親善試合を経て、最終メンバー23人に絞り込むことになるホジソン監督は、ウェンブリー・スタジアムで行われた記者会見でこう語った。

「今年はレスター・シティに偉大な例を見ることになった。全てが壊れてしまうまでに、何週間も何カ月も、この躍進を続けることができるか、それがテーマだった。そしてUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、強豪クラブよりも高い順位につけ、リーグ優勝できるか、という流れだった。常に彼らはハードワークしていた。勝つために激しいトレーニングをこなし、毎試合準備していた。それは我々もできることだ。他に役立つ言葉はない。最高の準備をするだけだ」

 ホジソン監督はこう語った。24得点を決めてレスター旋風の立役者となったエースのFWジェイミー・ヴァーディ、MFダニー・ドリンクウォーターをメンバーに招集。故障明けのアーセナルMFジャック・ウィルシャー、リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンという中盤のキーマン候補のコンディションを最後まで見極めるために、26人を招集するなど手を打っている。

 

page1 page2

トレンド

ランキング