久保は「日本最高」、単独最低点の選手は? 英記者、U-24ガーナ戦“先発11人”を採点

U-24ガーナ戦“先発11人”を採点【写真:©JFA】
U-24ガーナ戦“先発11人”を採点【写真:©JFA】

“仮想”南アフリカの一戦に6-0完勝も…GK谷のミスを指摘「五輪本番なら敗北に直結しかねない」

 東京五輪出場を目指すU-24日本代表は5日、U-24ガーナ代表と国際親善試合を行い6-0と大勝した。本大会グループリーグ初戦の南アフリカ戦を想定した一戦に、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)、MF遠藤航(シュツットガルト)とオーバーエイジ3人を揃って先発起用。文字通りA代表の守備陣が後方を支えるなか、MF堂安律(ビーレフェルト)やMF久保建英(ヘタフェ)らが得点を重ねて勝利した。
 
 本大会メンバー18人枠を巡る最終選考の一戦としても注目されたこの試合を、海外の識者はどのように見たのか。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、先発出場した11人を採点。“20歳初戦”でゴールを決めた久保を「間違いなくこの日の日本最高の選手」と単独最高点を与え、大絶賛している。

   ◇   ◇   ◇

U-24ガーナ戦のU-24日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
■谷 晃生(湘南ベルマーレ) 5点
 失望のガーナ攻撃陣相手に穏やかな夜を過ごしていた。後半のCKシーンではパンチングで処理しようと飛び出すも触れないミス。試練皆無の試合で事なきを得たが、五輪本番の相手なら敗北に直結しかねない。

【DF】
■酒井宏樹(マルセイユ→未定) 6点
 右サイドで数多くのチャンスを作った。ガーナの意外な無力ぶりで守備でも懸案事項も見当たらず、ラストパスの精度も二重丸。

■吉田麻也(サンプドリア) 6点
 酒井と冨安というA代表の常連選手と阿吽の呼吸を見せる。相手のプレッシャーも皆無で、フィードも高質だった。

■冨安健洋(ボローニャ) 6点
 盤石。ほとんど敵陣で試合が進む展開で試されるシーンはなかった。

■中山雄太(ズウォレ) 6点
 左サイドバック起用で長友佑都のような攻撃面の嗅覚はないが、左サイドで攻め上がりを自重することで、右の酒井が突出できる効果もあった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング