「完璧じゃないと…」 吉田麻也、OA選手の重圧吐露「パフォーマンスで評価されたい」

キャプテンとしてガーナ戦にフル出場したDF吉田麻也【写真:Getty Images】
キャプテンとしてガーナ戦にフル出場したDF吉田麻也【写真:Getty Images】

A代表主将を務める吉田にとってもOAは「非常にプレッシャーを感じる立場」

 U-24日本代表は5日、U-24ガーナ代表との国際親善試合に臨み6-0で快勝した。MF堂安律(ビーレフェルト)、MF久保建英(ヘタフェ)らがゴールを決めて脚光を浴びたが、今回の試合で揃って先発出場したオーバーエイジ3選手の活躍ぶりも際立っていた。

 2日前の日本代表戦(0-3)でも途中出場し、流れを呼んだMF遠藤航(シュツットガルト)は対人の強さを発揮。DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)は攻守に圧巻のプレーを見せて右サイドを支配した。また、キャプテンマークを巻いたDF吉田麻也は最終ラインを統率し、安定感ある守備を披露。攻撃面でもMF相馬勇紀のゴールにつながる縦パスを入れ、試合終盤にMF田中碧がラフプレーを受けると、相手に詰め寄って闘う姿勢も示した。

 3選手の活躍ぶりに堂安は「凄すぎた」と舌を巻いたが、吉田はオーバーエイジとしてチームに加わっているが故のプレッシャーを認めながらも、プレーで違いを見せる必要性を語った。

「プレッシャーは、いつも以上にありました。『完璧じゃないといけない』というプレッシャーも常にあります。A代表でも(プレッシャーは)常にありますけれど、(オーバーエイジが)見られ方として非常にプレッシャーを感じる立場であることは間違いないです。ただ、いくらキャリアがあっても、経験があっても、実際に選手が見て、感じてもらわないと認めてもらえない。名札でプレーするのではなく、自分のパフォーマンスで評価されたいなと思っています。この合宿で、そこのところで違いを出さないといけないというプレッシャーはあります」

 日本代表として国際Aマッチ107試合出場を果たし、キャプテンも務めている吉田を知らない日本人サッカー選手は、まずいないだろう。それでも同じピッチに立って違いを見せなければ、U-24年代の選手たちに受け入れてもらえないという危機感を持っていたという。ガーナ戦でしっかりチームに馴染み、違いを示せたことで、チームへ溶け込んでいくスピードは、さらに加速していきそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング