「ゴールよりも正直、嬉しかった」 堂安律がU-24ガーナ戦で掴んだ“収穫”とは?

先制ゴールを決めたMF堂安律がオーバーエイジ3選手について言及【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めたMF堂安律がオーバーエイジ3選手について言及【写真:Getty Images】

吉田の縦パスを受けて相馬の得点をアシストした一連のシーンに手応え

 U-24日本代表が0-3と完敗を喫したA代表との「兄弟試合」では、オーバーエイジ(OA)で招集された3人のうち、MF遠藤航(シュトゥットガルト)だけが途中出場し、格の違いを見せてチームに流れを引き寄せた。その試合から中1日で行われたU-24ガーナ代表戦(6-0)では3選手が揃い踏みし、チームのレベルを引き上げるパフォーマンスを見せた。その活躍ぶりを、先制点を挙げたMF堂安律も「オーバーエイジ3人が頼もしすぎた」と絶賛した。

 フル代表との試合で、日本は前半と後半の早い時間帯に失点を喫した。それもあり、ガーナ戦ではチーム全体が慎重に戦う姿勢を見せていたが、OAの3選手は、身体能力に秀でた相手にガツガツと当たっていき、試合の主導権を握らせた。

 後方が安定すれば、前線の選手はより攻撃に意識を割くことができる。この試合、1トップに入ったFW上田綺世(鹿島アントラーズ)、2列目のMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、MF久保建英(ヘタフェ)、堂安の3人がゴールを挙げられた要因の一つには、OAトリオの影響もあったはずだ。

「個人的には、隣に(遠藤)航くんがいて、後ろに(酒井)宏樹くんがいるというのは、A代表と景色が、あまり変わらないので、すごくやりやすくプレーさせてもらった。あとは右のセンターバックにも(吉田)麻也くんでしたし」と話す堂安は、あらためて、この3選手の存在感を感じ取ったと熱っぽく語った。

「なにせ、今日の試合の感想は、あの3人が頼もしすぎたなと。後ろにあの3人がいるだけで、前の選手がすごくのびのびプレーさせてもらえます。派手な選手たちではないのに、あんなにも存在感があるというのは、彼らのすごさをあらためて肌で感じました。オフ・ザ・ピッチのところでも、試合前も、試合後も、声掛けのところで、皆には見えてないと思いますが、そこでの存在感もすごいので、あらためて素晴らしいオーバーエイジだなと思いました」

 久保のシュートが相手GKに弾かれたボールを、ボレーでゴールに沈め、先制点を記録した堂安だが、「個人的にゴールよりも正直、嬉しかった」というプレーがある。それは、相馬が決めたゴールをアシストした場面だ。この場面で堂安は、右サイドから中央に走りこんで、相手の守備のギャップを突き、吉田からの縦パスを受けると、相馬にスルーパスを送り決定機を演出した。

「チームとしてのコンセプトが、すごくはまったシーンでした。麻也くんのボールが完璧すぎた。あのタイミングと言い、質と言い、ボールのパススピードと言い、走っているところの僕の足元に完璧に来た感覚でした。僕もファーストタッチを良いところに止められましたが、後ろから真ん中に入って、真ん中から前線につなげたという点で、すごく良いゴールだったと思います」と、守備面だけではなく、攻撃面でもOAが、チームのコンセプトに沿ったプレーを高い次元で披露していたことも指摘した。

 OAとの融合を良い形でスタートできたU-24日本代表。五輪に向けて、大きな期待が膨らむ90分間となった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング