“OA枠”酒井宏樹が貫禄のパフォーマンス、攻守で存在感も…「完璧を追求したい」

OAとして初出場したDF酒井宏樹(マルセイユ→未定)【写真:Getty Images】
OAとして初出場したDF酒井宏樹(マルセイユ→未定)【写真:Getty Images】

オーバーエイジ(OA)として初出場、オウンゴールを誘発するなど存在感を放つ

 U-24日本代表は5日、ベスト電器スタジアムでU-24ガーナ代表と対戦。前半のMF堂安律とMF久保建英のゴールを皮切りに6-0で大勝した。オーバーエイジ(OA)として初出場したDF酒井宏樹(マルセイユ→未定)は今後に向けて「完璧を追求していかないといけない」と語った。

 立ち上がりからガーナ陣内へ攻め込みながら決め手を欠いた日本だったが前半16分、久保が敵陣ペナルティーエリア(PA)右から強烈なシュートを放つと、GKに弾かれたボールに反応した堂安が左足ボレーを叩き込み先制。さらに同32分に久保が20歳での初ゴールで続き、前半終了間際にはオウンゴールで3点のリードを奪った。

 後半序盤にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)の得点で5点リードを奪った日本は、同44分に中央突破から途中出場のMF三笘薫(川崎)が駄目押しとなる6点目を奪い、東京五輪初戦の南アフリカ戦を想定した試合で圧勝した。

 注目のOA枠として招集されたDF吉田麻也(サンプドリア)、酒井、MF遠藤航(シュツットガルト)は揃って先発出場。サイドバックに入った酒井は、的確なポジショニングで攻守両面に顔を出し、持ち前の積極的な攻撃参加から前半45分にはクロスからオウンゴールを誘発するなど、存在感を放った。

 U-24代表の一員としてまずは1試合を戦ってみて「出るタイミングだったりコンビネーションは問題なかった」と明言。一方で「もう2アシストできた。守備面では1回抜かれたので、1回も抜かれないように完璧を求められる立場だと思うので、完璧を追求していかないといけないと思います」と自らの課題にも言及した。

 今後の強化試合、さらに、五輪本大会でも強力な戦力としての期待が高まるなか、自らの役目については「国内組、国外組関係なくポテンシャル高い選手が多いので、彼らのストロングを出し続けられるようにするのが僕の役割」との見解を示す。攻撃陣には堂安や久保ら、多彩なタレントが集うこともあり「僕の弱いテクニカルなところは彼らが持っている。まずは特徴を覚えないといけないので、全力で一つひとつの練習に集中したい」と意気込んだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング