U-24日本代表MF堂安律、”仮想・南ア”に6-0圧勝で手応え実感 「収穫があった」

先制ゴールを決めたMF堂安律【写真:浦 正弘】
先制ゴールを決めたMF堂安律【写真:浦 正弘】

自らの先制点を皮切りに、U-24ガーナ代表に圧勝

 U-24日本代表は5日、ベスト電器スタジアムでU-24ガーナ代表と対戦。前半のMF堂安律とMF久保建英のゴールを皮切りに6-0で大勝した。

 日本はオーバーエイジ(OA)枠のDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)、MF遠藤航(シュツットガルト)が揃って先発出場。4-2-3-1システムを採用し、攻撃陣にはMF堂安律(ビーレフェルト)、MF久保建英(ヘタフェ)らが名を連ねた。

 立ち上がりからガーナ陣内へ攻め込みながら決め手を欠いた日本だったが前半16分、久保が敵陣ペナルティーエリア(PA)右から強烈なシュートを放つと、GKに弾かれたボールに反応した堂安が左足ボレーを叩き込み先制。さらに同32分に久保が20歳での初ゴールで続き、前半終了間際にはオウンゴールで3点のリードを奪った。

 後半序盤にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)の得点で5点リードを奪った日本は、同44分に中央突破から途中出場のMF三笘薫(川崎)が駄目押しとなる6点目を奪い、東京五輪初戦の南アフリカ戦を想定した試合で圧勝した。

 ゴールラッシュの口火を切った堂安は「点が欲しい時間帯に取れて良かった。距離感をつかみながら前半より後半が良くなったし全員が点を取れて自信になる収穫があった。4人の距離感、縦パスが入った時の3人目の動きがA代表との試合で課題になったので意識していた」と手応えを述べ、今後に向けて「今日は勝てたけど目指しているのはここじゃないので、一喜一憂せずに次の試合へ向けて準備したい」と気を引き締めた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド