“仮想”南アフリカ相手に6発大勝、横内監督も手応え 「非常に良い対応をしてくれた」

U-24日本代表の横内監督【写真:Getty Images】
U-24日本代表の横内監督【写真:Getty Images】

U-24日本代表がガーナに6-0勝利、A代表戦で出た「課題をみんなが共有してくれた」

 東京五輪を目指すU-24日本代表は、5日に国際親善試合のU-24ガーナ代表戦を福岡で行った。前半にMF堂安律(ビーレフェルト)とMF久保建英(ヘタフェ)がゴールを奪い、前半だけで3-0とリードした日本は、後半も得点を重ねて6-0で大勝した。

 DF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)、MF遠藤航(シュツットガルト)というオーバーエイジの3人を加えたU-24日本代表にとって、この試合は本大会の初戦で対戦する南アフリカ戦を想定した一戦だった。試合が始まれば、U-23アフリカネーションズカップで、その南アフリカ代表に敗れて4位となり、東京五輪の出場権を逃したU-24ガーナ代表を寄せつけなかった。

 前半16分に堂安のボレーで先制した日本は、同32分にも久保のゴールでリードを広げる。さらに酒井が誘発したオウンゴールで3-0とリードを広げた日本は、後半も攻撃的な姿勢を緩めなかった。後半3分にMF相馬勇紀(名古屋)が得点を決めると、1トップのFW上田綺世(鹿島)もゴールを決め、先発した1トップと2列目の3人全員がゴールという結果を出した。さらに後半44分には途中出場したMF三笘薫(川崎)も追加点を決め、6-0と快勝した。

 U-24日本代表を率いる横内昭展監督は、「A代表との試合から日が浅かったのですが、そこで出た課題をみんなが共有してくれて、入りから、それをずっと90分間を通してやってくれたかなと思います」と、感想を語った。

 南アフリカ対策とされた一戦に快勝したことについても、「球際も強いですし、無理な体勢でもなんとかボールに食らいついてくる相手に対して、非常に良い対応をしてくれたと思います」と手応えを口にしている。

 次は12日にジャマイカと対戦する。本大会登録メンバー発表前、最後の試合となる一戦に向けても、「とりあえずコンディションをしっかり整えて、また今日出た課題や良かった点をもう一回整理して臨みたいと思います」と、落ち着いて語った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング