主将DF吉田麻也、怒りの抗議で一触即発 U-24代表選手への”危険タックル”で乱闘寸前

日本代表主将DF吉田麻也【写真:Getty Images】
日本代表主将DF吉田麻也【写真:Getty Images】

MF田中碧へ危険タックルを見舞ったガーナDFの襟元を掴み怒りの抗議

 U-24日本代表は5日、ベスト電器スタジアムでU-24ガーナ代表と対戦。後半序盤までに5点をリードする展開のなか、後半26分には、U-24ガーナ代表選手の危険タックルを巡り、一触即発のムードが漂った。

 日本はオーバーエイジ(OA)枠のDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)、MF遠藤航(シュツットガルト)が揃って先発出場。4-2-3-1システムを採用し、攻撃陣にはMF堂安律(ビーレフェルト)、MF久保建英(ヘタフェ)らが名を連ねた。

 立ち上がりからガーナ陣内へ攻め込みながら決め手を欠いた日本だったが前半16分、久保が敵陣ペナルティーエリア(PA)右から強烈なシュートを放つと、GKに弾かれたボールに反応した堂安が左足ボレーを叩き込み先制。さらに同32分に久保、前半終了間際にはオウンゴールで3点のリードを奪った。

 後半序盤にMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、FW上田綺世(鹿島アントラーズ)の得点で5点リードを奪った日本。その中で後半26分、センターサークル付近でMF田中碧(川崎フロンターレ)が相手DFフランク・アッシンキから足裏での危険タックルを食らうと一触即発のムードに。

 すかさず、主将DF吉田麻也がアッシンキのもとへ駆け付け、襟元を掴み怒りの抗議。両チームの選手たちがその場に集い乱闘寸前になったが、アッシンキに警告が提示され、試合は再開された。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド