U-24日本代表、“仮想”五輪初戦でゴールラッシュ! 堂安・久保・三笘弾、ガーナに6-0完勝

U-24日本代表が6得点を奪うゴールラッシュ【写真:浦 正弘】
U-24日本代表が6得点を奪うゴールラッシュ【写真:浦 正弘】

オーバーエイジ3人が揃って先発、“仮想”南アフリカを相手にパーフェクトな勝利

 東京五輪を目指すU-24日本代表は、5日に国際親善試合U-24ガーナ代表戦を福岡で行い、前半のMF堂安律とMF久保建英のゴールを皮切りに6-0で大勝した。

 東京五輪に向けてDF吉田麻也、DF酒井宏樹、MF遠藤航という過去に五輪出場経験のある3人のオーバーエイジが今回の活動からチームに合流。3日に年齢制限のない日本代表(A代表)と対戦したチャリティーマッチでは、遠藤が約15分プレーしたのみだったが、東京五輪初戦の南アフリカ戦を想定した今回の試合には3人が揃ってスタメン出場。この年代でA代表の主力でもあるDF冨安健洋もスタメンに入った。

 立ち上がりから日本は落ち着かないガーナを相手に敵陣でゲームを進めていく。そして前半16分、MF久保建英がペナルティーエリアに入ったところで相手を1枚外し、左足で強烈なシュート。GKが弾いて浮いたボールに反応したMF堂安律が得意の左足でボレーシュートを決め、幸先良く先制点を奪った。

 攻撃が機能する日本は同25分にも久保と堂安で右サイドのインサイドを切り崩し、突破した久保の右足シュートはクロスバーを直撃。二次攻撃で放ったMF田中碧の強烈ミドルもわずかに枠を外れた。

 すると同32分、久保からFW上田綺世に縦パスが入って相手を引きつけると、上田のリターンを受けた久保が得意の左足で追加点。昨日に20歳の誕生日を迎えた久保の一撃で2-0とリードを広げた。さらに同44分には、攻撃参加した酒井のラストパスから相手のオウンゴールとなり、3-0とした。

 後半に入ると立ち上がりの3分、吉田の縦パスを右から中央に入ってきた堂安が受け、さらに縦へのスルーパスに抜け出した左MF相馬勇紀がGKとの1対1を冷静に制してゴール。3日のA代表戦では前後半の立ち上がり、終了間際に課題を残したチームだったが、オーバーエイジが合流したこの日はその時間帯に得点を奪った。

 同11分には、右サイドでのスローインから逆サイドまで展開し、攻撃参加したDF中山雄太のクロスを上田がヘディングでゴールして5-0に。前半は右サイドを中心に攻撃した日本だが、後半は左サイドが絡んで2点を奪う形になった。同15分には冨安と相馬に代えてDF板倉滉とMF三笘薫を投入。同22分には上田と堂安に代え、FW前田大然とMF食野亮太郎が入った。

 後半の半ばには、相手選手が足の裏を見せたタックルを田中にしたところで吉田が怒りの形相で詰め寄るなど、オーバーエイジも一体になっているところを垣間見せた。5点差になってからは試合がやや停滞したものの、同44分に中央突破から三笘がゴールして6-0でフィニッシュ。U-24日本代表は東京五輪に向けたオーバーエイジ合流初戦を大勝で終えた。

 今後、U-24日本代表は12日にA代表として来日するジャマイカ代表との国際親善試合を経て、今月下旬に東京五輪に向けた18人のメンバー発表を控える。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング