レスターがインテル長友の同僚DFに熱視線! 移籍金は最低19億円とお買い得価格

CL参戦の来季も堅守維持へ、コロンビア代表DFムリージョを狙う

 プレミアリーグ王者レスターが、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)に臨む来季の戦力補強として、日本代表DF長友佑都が所属するインテルのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョの獲得に興味を示している。英地元紙「レスター・マーキュリー」が報じた。

 今季のレスターは38試合36失点で、失点数はアーセナルと並んでリーグ3位タイ(34失点のマンチェスター・ユナイテッドが最終節未消化のため暫定)の少なさ。チーム全体が連動するプレッシングの機能性はもちろん、守護神のGKカスパー・シュマイケルをはじめとした守備陣の健闘が光った。

 しかし、攻撃陣同様に選手層の薄さは否めない。センターバックのジャマイカ代表DFウェズ・モーガンと元ドイツ代表DFロベルト・フートのコンビは不動だが、最終節チェルシー戦(15日、1-1)で先発したポーランド代表DFマルチン・ヴァシレフスキは35歳と高齢で、やや安定感を欠いた。欧州の舞台で戦うには不安が残るだけに、守備陣の補強は急務となっている。

 そこで浮上しているのが、インテルのムリージョ。1対1に強いストッパーで、今のレスターにはいない機動力にも優れたタイプのセンターバックだ。獲得のためには最低1200万ポンド(約19億円)が必要とレポートされているが、高騰するプレミアリーグの移籍金の相場を考えれば、この金額で代表クラスの戦力を補強できるとなればお手頃と言えるだろう。

 

page1 page2

ランキング