「削られてやばいなと」 鎌田大地、U-24代表戦への“違和感”告白「やりづらかった」

2点目を決めたA代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】
2点目を決めたA代表MF鎌田大地【写真:Getty Images】

2点目を決めたMF鎌田がU-24代表との“兄弟対決”に言及

 日本代表(A代表)と東京五輪を目指すU-24日本代表によるチャリティーマッチが3日に札幌ドームで行われ、A代表が3-0で完勝。2点目を決めたMF鎌田大地は、U-24代表との“兄弟対決”について「本当にやりづらかった」と振り返った。

 当初の予定ではA代表がジャマイカ代表と国際親善試合を行う予定だったが、来日に際してのトラブルにより試合がキャンセルに。そこで急遽、同時期に活動中だったU-24代表との“兄弟対決”が実現した。

 試合は前半2分に動き、A代表が右コーナーキックを得ると、MF鎌田大地のキックにニアサイドでFW大迫勇也がファーサイドに流したところをMF橋本拳人が押し込んで先制。さらに前半41分には鎌田が左足シュートで加点し、後半7分にもFW浅野拓磨がゴールを決めて3-0で勝利した。

 鎌田は「良いトラップができて、シュート自体はボテボテでしたけど、良いコースに行ったと思います」と、MF南野拓実がヘディングでつないだボールを左足で決めた自らのゴールを回想。得点以外でも、前半2分にはコーナーキックから得点を演出するなど、A代表の攻撃を牽引した。

 今回はジャマイカ戦の中止により、U-24代表との“兄弟対決”が急遽実現。馴染みのある面々とのマッチアップに「本当にやりづらかったですね。思っていたより相手もA代表も気合が入っていて、僕は他の選手よりふんわり入ったけど、強めに削られてからやばいなと思ってスイッチを入れられて良かった。いつも通りやっていたけど、あんなに来ると思っていなかった。ピッとしないとケガするなと思ったし、スイッチは入った」と振り返った。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング