“OA”遠藤航が見たU-24代表の現在地 「もっとできる」と提言した改善点とは?

「前から押し込む展開を作りたい。一つ前から行くスイッチを何個も作れるかが課題」

 A代表との一戦で浮き彫りとなった課題も、遠藤の目にははっきりと映っていた。本番に向けていかに改善すべきか——。そのイメージは頭の中で描かれている。

「一つは守備でのアグレッシブさ。もう少し前から押し込む展開を作りたいと思いました。今日も後半、0-3になってからは前からプレッシャーにいくようになりましたが、前半の0-1の状況でも、もう少し行っていいかなと思います。ハーフタイムで変えるだけじゃなくて、45分のなかで、一つ前から行くスイッチを作れるか。それを何個も作れるかが課題なのかなと思っています。あとはボランチの動かし方。特に僕はボランチなので、そこばかり考えてしまいますが、その距離感は、今日出場した4人は、もっともっと意識してできるのではないかと思います」

 この試合で出番がなかったオーバーエイジのDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)も、2日後のU-24ガーナ代表戦には出場する可能性がある。メダルを目指すU-24代表に、果たしてどのような変化をもたらしてくれるのか。課題の見えたこの試合後こそ、遠藤らの真価が問われるはずだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング