U-24代表MF堂安律、 A代表との“実力差”指摘 「もっと勝負へ貪欲にならないと」

U-24代表MF堂安律【写真:Getty Images】
U-24代表MF堂安律【写真:Getty Images】

A代表が3-0で完勝、U-24代表は貫禄を見せられる形に

 日本代表(A代表)と東京五輪を目指すU-24日本代表によるチャリティーマッチが3日に札幌ドームで行われ、A代表が3-0で完勝。チーム力の差を見せつけた。

 当初の予定ではA代表がジャマイカ代表と国際親善試合を行う予定だったが、来日に際してのトラブルにより試合がキャンセルになった。そこで急遽、同時期に活動中だったU-24代表との“兄弟対決”が実現した。

 試合は前半2分に動き、A代表が右コーナーキックを得ると、MF鎌田大地のキックにニアサイドでFW大迫勇也がファーサイドに流したところ、フリーでMF橋本拳人が突進。難なく押し込んで1-0とリードを奪った。

 A代表は前半41分にも鎌田が左足シュートで追加点。後半7分にはDF小川諒也のクロスからFW浅野拓磨が押し込んで3-0とし、そのまま勝利した。

 U-24代表にとっては、”格上”のA代表に貫禄を見せられる形となったなか、後半28分から途中出場したMF堂安律(ビーレフェルト)は「なんとか1点返して、良い負け方というのはないけど、チームの士気を上げて次につなげたかった」とこの試合を振り返った。

 3失点での敗戦については「同じコンセプトでやりたいことは分かるし、勝負強さや球際の強さで負ける部分があった。もっと勝負へ貪欲にならないといけない。やっとオーバーエイジの3人が合流してチームを仕上げていけるので、金メダルを目指して頑張っていきたい」と、東京五輪本大会へ向けて気を引き締めた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング