元ブラジル代表でも驕りなし 「必死に食らいつく」L・ダミアンの“美徳”を闘莉王が称賛

元日本代表DF闘莉王氏と川崎FWレアンドロ・ダミアン【写真:闘莉王TV & 高橋 学】
元日本代表DF闘莉王氏と川崎FWレアンドロ・ダミアン【写真:闘莉王TV & 高橋 学】

「闘莉王TV」で川崎のL・ダミアンを特集、エゴのないプレーを称賛

 川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンは、今季J1リーグで11ゴール7アシストの大活躍を見せ、チームの首位快走に大きく貢献している。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、エースとして奮闘するストライカーのセレソン経験者らしからぬ美徳を称賛している。

 闘莉王氏は公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回で、リーグ連覇を目指す“王者”川崎の最前線を支える男を特集。そしてゴール前で見せる高さや決定力以外の美徳に注目している。

「元々ポテンシャルがある選手だということは、ブラジルにいた頃から知っていました。あの守備の仕方。なかなかブラジル代表に入った選手はあれだけ追いかけられない」

 L・ダミアンが守備時に、高い位置から見せる相手のボール保持者に対する強烈なプレッシャーを高く評価していた。

「(ブラジル代表経験者は)自分の中のエゴが邪魔をする。でも、あの人はちょっと違う。必死に食らいつく」とも分析。元セレソンのストライカーともなると、傲慢な「王様」になるケースが多いというが、プライドをかなぐり捨てたような守備面での貢献度の高さを、闘将は称賛していた。

 最新回で闘莉王氏は、L・ダミアンがブラジル時代に味わっていた苦難などを語るなど、興味深いテーマでトークを展開している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング