チェルシーCL制覇の立役者、仏代表カンテの貢献度を海外絶賛 「ピッチに3人いた」

勝利の立役者となったチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ【写真:Getty Images】
勝利の立役者となったチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ【写真:Getty Images】

攻守に渡って八面六臂の活躍、CL決勝のプレーヤー・オブ・ザ・マッチにも選出

 チェルシーは現地時間29日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝でマンチェスター・シティを1-0で下し、9季ぶり2度目の欧州王者となった。現地メディアでは中盤で攻守に渡って八面六臂の活躍を見せ、勝利の立役者となったフランス代表MFエンゴロ・カンテが称賛されている。

 チェルシーは前半39分に最終ラインのブラジル代表DFチアゴ・シウバが負傷交代を余儀なくされるアクシデントに見舞われたが、その3分後にイングランド代表MFメイソン・マウントのスルーパスに抜け出したドイツ代表MFカイ・ハフェルツが決めて試合の均衡を破った。そして、それが決勝点となり、1-0でプレミア王者のシティを下した。

 特に後半はディフェンス陣が安定した守備でシティの攻撃をシャットアウトしたチェルシー。その中でもひときわ輝きを放っていたのがMFカンテだろう。ピッチのあらゆる場所に顔を出し、クリーンなタックルで相手のチャンスを摘み取った。自らボールを運んで攻撃でもリズムを作り、文字通り攻守両面で多大な貢献度だった。カンテはこの試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチにも選出されている。

 英地元紙「ロンドン・イブニング・スタンダード」の選手採点では、カンテにチーム単独トップの9点が与えられた。寸評でも「絶対的な存在だった。同世代で最も優れた守備的MFであり、それ以上の存在でもあった。ピッチに3人いた」と大絶賛されている。

 身長169センチと小柄ながら、ピッチ上では誰よりも強烈な存在感を放っていたカンテ。レスターとチェルシーでプレミアリーグを、フランス代表でワールドカップを制した男がついにビッグイヤーまでも手にした。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング