「最もシュールな瞬間」 J1の”珍FKシーン”に海外注目「無関心でいられないミス」

札幌と清水の試合で起きたワンシーンに注目【写真:Getty Images】
札幌と清水の試合で起きたワンシーンに注目【写真:Getty Images】

札幌対清水の後半アディショナルタイム、清水の直接FK場面にスペインメディアが熱視線

 5月22日に行われたJ1リーグ第15節・北海道コンサドーレ札幌対清水エスパルスの一戦は、ホームの札幌が後半の2得点で2-0の勝利を収めたが、この試合で起きたワンシーンが海外で脚光を浴びた。スペインテレビ局「TV3」は「最もシュールな瞬間の一つ」と指摘し、注目している。

 試合はホームの札幌がボールポゼッションで上回る展開で進み、スコアレスで迎えた後半6分、DF福森晃斗のフィードから最後はFWアンデルソン・ロペスが決めて先制。さらにその4分後には、MF金子拓郎が左足で狙い澄ましたシュートを叩き込みリードを2点に広げ、無失点で試合を終えた。

「TV3」が注目しているのは、後半アディショナルタイムに清水が得た直接フリーキック(FK)の場面だ。ゴールまでの距離は約16メートル。札幌が築いた壁の前に3選手を配置したなか、キッカーのFW指宿洋史が右足で狙ったが、キックの瞬間に壁の前で前かがみになった味方選手の頭付近に直撃しチャンスを逃す形になった。

 同メディアはそのシーンに対し、「週末の最もシュールな瞬間の一つ。清水エスパルスがコンサドーレ札幌とホームで対戦し、すでに0-2で負けている場面だったが、誰もが無関心でいられないようなミスをしてしまった」と指摘し、珍場面に熱視線を向けていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング