日本で「イニエスタと対戦」 スペイン人女性監督の“歴史的快挙”に母国紙注目

鈴鹿を率いるミラグロス・マルティネス監督【写真提供:©鈴鹿ポイントゲッターズ】
鈴鹿を率いるミラグロス・マルティネス監督【写真提供:©鈴鹿ポイントゲッターズ】

女性指揮官マルティネス監督が天皇杯で初勝利、2回戦でイニエスタ擁する神戸と対戦へ

 JFLの鈴鹿ポイントゲッターズは、23日の天皇杯1回戦・FC刈谷戦で2-1の勝利を収め、2回戦進出を決めた。采配を振るったのは、JFL・Jリーグで初の外国人女性指揮官として活躍しているミラグロス・マルティネス監督。天皇杯における女性監督の歴史的な初勝利となっただけでなく、2回戦では元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを擁するヴィッセル神戸との対戦が決まり、母国メディアは「歴史的な記録を達成」と注目している。

 スペイン国籍のマルティネス監督は、19年1月に鈴鹿ポイントゲッターズの指揮官へ就任し、日本の男子トップチームの監督を務める初の女性指揮官として話題に。1年目で16チーム中12位の成績を残してJFL残留を果たすと、2年目の昨季は6勝3分6敗の成績で5位に導き、契約を更新。今季はここまで9試合を消化し、5位(4勝2分3敗)につけている。

 そんななか、23日にFC刈谷との天皇杯1回戦に臨むと、前半早々にオウンゴールで先制を許したものの、前半アディショナルタイムにMF田村翔太のゴールで同点。さらに後半6分、FW遠藤純輝が勝ち越しゴールを奪い、2-1の逆転勝ちを収めた。

 マルティネス監督自身、天皇杯での初勝利を挙げるとともに、同大会における女性監督の初勝利という歴史的なものともなった。さらに注目すべきは、2回戦での対戦相手だ。6月16日に行われる一戦では、同胞のイニエスタやMFセルジ・サンペールを擁する神戸と相まみえる。

 この一報に、母国紙「ムンド・デポルティーボ」も反応し「ミラグロス・マルティネスはヴィッセル神戸のイニエスタとセルジ・サンペールと対戦する」と見出しを打ち注目。「このスペイン人コーチは、鈴鹿ポイントゲッターズで指揮を執り、歴史的な記録を達成している。そして今、天皇杯の出場権を獲得し、アンドレス・イニエスタやセルジ・サンペールが活躍するヴィッセル神戸と対戦することで、その壮大なキャリアに新たな一歩を踏み出した」と、快挙を称えている。

 天皇杯1回戦突破後、マルティネス監督は自身の公式ツイッターで喜びの声を綴ると、それにイニエスタも「ノエビアスタジアムで会いましょう」と反応。母国の“英雄”と女性指揮官の歴史的な対戦は、日本のみならず世界で注目を浴びそうだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング