1968年生まれ「世界ベスト11」 3バックは“歴代最強級”、98年W杯の名手が多数選出

(左から)ダボル・シュケル、マルセル・デサイー、パオロ・マルディーニ、ズボニミール・ボバン【写真:Getty Images】
(左から)ダボル・シュケル、マルセル・デサイー、パオロ・マルディーニ、ズボニミール・ボバン【写真:Getty Images】

【世界年代別ベストイレブン|1968年生まれ編】マルディーニ、デサイー、イエロが並ぶ3バックにボランチも豪華な陣容

 才能豊かな選手を多数輩出した「黄金世代」は世界各地に存在し、伝説のチームとして一時代を築いてきたが、果たして史上最強の「生まれ年」はいつなのか。きら星の如く存在する各国スター選手を生まれ年ごとに分けて、世界の「年代別ベストイレブン」を編成。今回は1968年生まれを特集する。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1990年代のセリエAには、世界的な名プレーヤーたちが集まっていた。そのなかでも、圧倒的な強さを見せていたのが、ACミランだ。アリゴ・サッキ監督の率いたミランは、タイトル獲得数だけでなく、強烈なプレッシング戦術でサッカー界に革命を起こし、「グランデ・ミラン(偉大なミラン)」と呼ばれた。そのチームで主力を張っていた3選手を、この年代のベストイレブンに選出している。

 まずはミラン、そしてクロアチア代表でも背番号10を付けたMFズボニミール・ボバン。パスセンスに優れ、ゲームメークをこなし、闘争心あふれるプレーで守備でも重要な役割をこなしたMFを、このチームではトップ下に入れる。そしてフランス代表として1998年ワールドカップ(W杯)を優勝したDFマルセル・デサイー、世界最高の左サイドバックと称され、センターバックでも高いパフォーマンスを見せた元イタリア代表DFパオロ・マルディーニの選出にも異議はないはずだ。デサイーもミランでは中盤の底でアンカー役を務めていたが、この年代はボランチが充実しているため、最終ラインに入れる。

 マルディーニ、デサイーという超ビッグネームとともに3バックを組むのは、これもまたビッグネームの1人。“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリードでキャプテンを務めたDFフェルナンド・イエロだ。強靭な肉体、的確な読み、精度の高いキック、抜群の安定感でスター集団をまとめ上げ、数々のタイトルを獲得した。

 この最終ラインに加え、ボランチも非常に堅固な顔ぶれが揃う。98年W杯優勝時のキャプテンである元フランス代表MFディディエ・デシャン、そして日本の横浜フリューゲルスでも活躍した元ブラジル代表MFセザール・サンパイオを今回は選出する。セカンドチームにも、バイエルンなどで活躍した元ドイツ代表MFシュテファン・エッフェンベルク、1994年アメリカW杯優勝の元ブラジル代表MFマウロ・シウバが並ぶ、豪華な顔ぶれだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング