「韓国は必ず楽な組に入る」 宿敵の優位性に“闘将節”炸裂「偶然じゃないと…」

韓国の組み合わせ結果に言及した元日本代表の田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】
韓国の組み合わせ結果に言及した元日本代表の田中マルクス闘莉王氏【写真提供:闘莉王TV】

「闘莉王TV」でU-24代表を特集、東京五輪本大会の組分けに言及

 東京五輪を見据えてオーバーエイジ枠3人を招集する男子U-24日本代表。本大会での躍進に期待が集まる中、元日本代表の田中マルクス闘莉王氏はグループステージB組に入った韓国の組み合わせ結果のあまりの優位性に注目。「韓国はワールドカップ、五輪で必ず楽な組に入る」と持論を展開している。

 闘莉王氏は自身の公式YouTube「闘莉王TV」でU-24代表を特集。ホスト国の日本は南アフリカ、フランス、メキシコとともにグループAに入ったが、闘将はグループBに入った韓国代表に注目している。

「韓国は、ワールドカップ、五輪で必ず楽な組に入る。これはね……偶然じゃないと思えるぐらいのこと」

 闘莉王氏はB組の組み合わせ結果に驚きを隠せない様子だった。FIFAランク39位の韓国は、同122位ニュージーランド、同67位ホンジュラス、同43位ルーマニアと同組に。日本(28位)の対戦国は南アフリカが75位だが、2位のフランス、11位のメキシコといずれも上位。他グループの厳しさと比較した際、B組のあまりの極楽ぶりを指摘している。

「日本(のサッカーファン)は必ず韓国の組と比べてしまう。僕もそう見てしまう。それぐらい日本人になれたということでしょう」

 2002年日韓ワールドカップ(W杯)では誤審問題で物議を醸した韓国。ベスト4入りを果たしたが、グループリーグではアメリカ、ポルトガル、ポーランドという組み合わせ。4年後のドイツW杯ではフランス、スイス、トーゴという顔ぶれだった。

 闘莉王氏は最新話で五輪に関する様々なテーマでトーク。忖度なしの闘将節を炸裂させていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド