鳥栖助っ人FW、“肘打ち→相手選手歯折れ”に海外ファン辛辣 「偶然と言うのは不可能」

サガン鳥栖でプレーするFWドゥンガ【画像はクラブ公式インスタグラムのスクリーンショットです】
サガン鳥栖でプレーするFWドゥンガ【画像はクラブ公式インスタグラムのスクリーンショットです】

鳥栖FWドゥンガの左肘が福岡DFグティエレスの口元を直撃して衝撃の光景が広がる

 アビスパ福岡のスペイン人DFカルロス・グティエレスは、5月19日に行われたルヴァンカップ・グループステージ第6節サガン鳥栖戦(4-1)で相手選手に肘打ちを食らい、歯が欠けて負傷交代する事態となった。海外メディアが紹介したファンの声には「偶然というのは不可能」「許せない」と辛辣な声も見受けられる。

 母国スペインのCDラグーナでキャリアをスタートさせたグティエレスは、ラス・パルマス、レガネス、ブルゴス、ヌマンシアを経て、2020年1月に福岡に加入。しかし、直後に右膝前十字靭帯損傷の大怪我を負い、同年11月4日のJ2リーグ第31節水戸ホーリーホック戦(1-0)でようやく移籍後初出場となり、1年目は5試合の出場に終わった。

 2年目の今季、リーグ戦出場は5試合(計232分)ながら、ルヴァンカップでは鳥栖戦で5試合連続のスタメン起用。序盤から鳥栖FWドゥンガと激しい肉弾戦を繰り広げるなかで、後半5分にアクシデントが起こった。

 福岡DFグティエレスがハイボールに対応しようとした際、相手FWドゥンガの左肘がグティエレスの口元を直撃。2本の歯が折れ、出血も確認できる状態だった。

 池内明彦主審はドゥンガに対し、イエローカードを提示。判定に抗議していたグティエレスは止血した後に一度ピッチに戻ったが、後半16分にブラジル人DFドウグラス・グローリと交代になった。

 カナリア諸島の情報を専門に扱うスペインメディア「Tiempo de Canarias」は、この負傷シーンを「カルロス・グティエレスへの残忍な肘…それにより2本の歯を折れる」と取り上げていたが、記事内で日本・海外の様々なファンのコメントがあり、海外ファンも辛辣な声を上げている。

「肘が偶然なんて言うのは不可能だ」
「見ているだけで痛い」
「許せない」

 海外ファンの目にも、ドゥンガの典型的な“ラフプレー”と映ったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング