「左手の使い方が上手すぎる」 浦和助っ人FW、巧みな得点技術にファン喝采「秀逸」

浦和レッズの新外国籍FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
浦和レッズの新外国籍FWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】

公式戦3試合連続ゴールのFWユンカー、G大阪戦の先制点シーンが反響

 浦和レッズのデンマーク国籍FWキャスパー・ユンカーは、16日のJ1リーグ第14節ガンバ大阪戦(3-0)で2ゴールをマーク。デビュー戦から公式戦3試合連続ゴールを奪う活躍を見せたなか、先制ゴールシーンでの得点技術にファンが熱視線を送っている。

 ユンカーはJリーグの登録ウインドー締め切り前日の4月1日に、ノルウェー1部FKボーデ/グリムトから完全移籍。加入から間もないなかで、5月5日のルヴァンカップ・柏レイソル戦でデビュー弾を決めると、9日のベガルタ仙台戦で公式戦2試合連発となるゴールをマークしていた。

 この試合でも勢いは止まらず前半16分、FW武藤雄樹からの浮き球パスをペナルティーエリア右で受けたMF田中達也からのクロスを頭で合わせて先制点を奪取。2-0とリードを広げて迎えた同40分にも、再び田中のアシストからこの日2ゴール目を流し込み、チームの2連勝に貢献した。

 これでユンカーは、浦和デビューから公式戦3戦連発。驚異の決定力に期待の眼差しが向けられているなか、この試合の先制シーンで見せた得点技術にファンが熱視線を送っている。ユンカーはゴールライン際から田中がクロスを放った瞬間、ゴール前で対峙したDF三浦弦太を左腕で抑えながらバックステップ。右側から体を寄せてきたMF井手口陽介も抑えつつ競り勝つと、ヘディングシュートで上手く流し込んだ。

 このゴールシーンを取り上げた浦和の公式ツイッターには「下がりながらのへッドは秀逸」「左腕強すぎ」「動き直しをホント細かくやってる」「自分でスペース作る動き、いいね!」といった賛辞が続々。同じくゴール動画を投稿したJリーグ公式ツイッターにも「左手の使い方が上手すぎる」「あの強さであのコースにヘディングできるのは凄い」との声が寄せられている。

 昨季のノルウェーリーグで25試合27得点をマークしMVPと得点王をダブル受賞したユンカー。この輝かしい実績を引っ提げて臨んだJの舞台ではさっそく結果を残しているが、ゴールを奪う上での技術の高さは見逃せないポイントと言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング