南野拓実、積極プレーも無得点で途中交代 サウサンプトンはフルハムに3-1勝利

南野拓実は後半に途中交代も、チームは勝ち点3を獲得【写真:Getty Images】
南野拓実は後半に途中交代も、チームは勝ち点3を獲得【写真:Getty Images】

サウサンプトンがフルハムに3-1勝利、2試合連続スタメンの南野は後半31分までプレー

 サウサンプトンは15日、プレミアリーグ第36節ですでに2部降格が決まっているフルハムと本拠地で対戦し、3-1で勝利を収めた。日本代表FW南野拓実は2試合連続スタメン出場し、後半31分までプレー。チャンスに絡むシーンもあったが、得点はなかった。

 試合の均衡が破れたのは前半27分。サウサンプトンが右サイドでFKのチャンスを得ると、イングランド代表MFジェームズ・ウォード=プラウズのキックからFWチェ・アダムスが右足で蹴り込み、先制点を奪った。

 同31分にはアダムスとのパス交換で南野がエリア内に侵入してゴールに迫るシーンも。さらに同35分に南野がゴール正面のペナルティーエリア端でファールを受けてFKを獲得。絶好の位置からのセットプレーで、これを先制アシストのMFウォード=プラウズが直接狙ったが、壁の横を抜けたシュートはGKに防がれて追加点とはならなかった。
  
 前半を1-0で折り返したサウサンプトンは同15分に欲しかった追加点をゲット。中央のスペースでパスを受けた南野からMFスチュアート・アームストロングへつなぎ、そこから右サイドへ展開。オーバーラップしていたDFカイル・ウォーカー=ピータースがダイレクトで中央へ折り返すと、途中出場のMFネイサン・テラが押し込んだ。

 守勢に回っていたフルハムも同30分に18歳のMFファビオ・カルバーリョが強烈なシュートを決めて1点を返す。しかし同37分には南野との交代で投入されていた元イングランド代表FWテオ・ウォルコットがミドルシュートを決め、サウサンプトンが再びリードを広げた。

 試合はそのまま3-1でサウサンプトンが勝利。前節クリスタル・パレス戦(3-1)に続く連勝を飾った。破れたフルハムは4連敗となった。

 2試合連続スタメンだった南野は失点直後の後半31分にウォルコットとの交代でピッチを後にした。前半にはペナルティーエリア内に走り込んでシュートを放つシーンもあり、チーム2点目の場面でも起点となったが、第25節チェルシー戦(1-1)以来となるゴールを決めることはできなかった。自身に代わって出場したウォルコットが結果を出したことも南野にとってプレッシャーとなるかもしれない。

 今季のプレミアリーグも残すところあと2節。サウサンプトンは次節ホームでリーズ・ユナイテッド、そして最終節は敵地でウェストハムと対戦する。南野は最後の2試合で結果を残すことができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング