「天才的な瞬間」 シティFWの“バックヒールボレー弾”を海外絶賛「センセーショナル」

マンCの21歳FWフェラン・トーレス【写真:AP】
マンCの21歳FWフェラン・トーレス【写真:AP】

フェラン・トーレスがニューカッスル戦でハットトリック達成、1点目の芸術弾が話題

 マンチェスター・シティのスペイン代表FWフェラン・トーレスは、現地時間14日に行われたプレミアリーグ第36節ニューカッスル戦(4-3)でハットトリックを達成した。チームを勝利に導く大活躍を見せたなか、アクロバティックなバックヒールボレーで決めた1点目のシーンが「センセーショナル」「天才的な瞬間」など、海外メディアで反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 昨夏にバレンシアから加入したトーレスは、3試合連続スタメン出場となったニューカッスルとのアウェーゲームで輝きを放った。打ち合いとなった一戦でハットトリックを達成し、チームを勝利に導いた。3ゴールのなかで特に話題を呼んでいるのが、1-1で迎えた前半42分に決めた自身1点目のゴールだ。

 敵陣左サイドからのFKのシーン。キッカーを務めたドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが右足でインスイングのクロスをゴール前に送ると、ニアサイドのトーレスは相手ゴールを背にしながら右足のバックヒールで合わせた。アクロバティックなボレーシュートは山なりのボールとなって相手GKの頭上を破り、ネットに吸い込まれた。

 この芸術的な一撃に海外メディアが反応。英衛星放送「スカイ・スポーツ」公式インスタグラムが「センセーショナルなフィニッシュ」と伝えれば、英メディア「GIVE ME SPORT」も「ズラタン・イブラヒモビッチを思い出させた」「天才的な瞬間」と称えた。

 これで今季公式戦34試合13ゴールとなったトーレス。2025年までの長期契約を結んでいる21歳の若き才能の、さらなる爆発を予感させる一撃になった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング