伊東純也が相手DF瞬殺 華麗な“高速シザース”に海外メディア注目「容赦しない!」

高速シザースフェイントを披露したベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也【写真:Getty Images】
高速シザースフェイントを披露したベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也【写真:Getty Images】

1アシストを記録したアンデルレヒト戦、相手無力化のドリブル突破シーンに脚光

 ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也は現地時間12日、プレーオフ第3戦のアンデルレヒト戦(1-1)に先発フル出場し、貴重な同点ゴールをアシストした。海外メディアは、伊東がこの試合で見せた相手DFを瞬殺した高速シザースフェイントに賛辞を送っている。

 ヘンクで3シーズン目を迎えた伊東は、今季レギュラーシーズンで32試合10得点と活躍。4月25日に行われたスタンダール・リエージュとのベルギーカップ決勝(2-1)でも先制点を奪う活躍を見せ、チームの8年ぶり5度目となる優勝に大きく貢献した。

 そしてチームがリーグ4位となり進出した上位4チームによるプレーオフでも、伊東は輝きを放っている。初戦のアントワープ戦(3-2)で2アシスト、首位クラブ・ブルージュとの第2戦では豪快なゴールを決めて3-0の快勝に貢献。そして第3戦のアンデルレヒト戦でも、0-1で迎えた後半22分に右サイドから高精度クロスを送り、ナイジェリア代表FWポール・オヌアチュのヘディング弾をアシストした。

 キレのあるプレーを披露している伊東だが、アシストシーン以外でも観る者を魅了している。前半11分、相手のCKのクリアボールを自陣左サイドで受けるとドリブルを開始。すぐにアンデルレヒトの19歳DFキリアン・サルデラが前方をふさいだが、伊東は右足でボールをまたぎ、左足アウトサイドで進行方向を変える高速シザースフェイントを繰り出し抜き去った。

 相手を瞬殺した美技に、スポーツチャンネル「イレブンスポーツ」オランダ語版公式ツイッターも注目。ハサミ(シザース)や稲妻の絵文字とともに、「ジュンヤ・イトウはキリアン・サルデラに容赦しない!」との一文を添え、相手を一瞬で無力化したプレーを称えていた。

 チームは勝利を逃したものの、伊東はプレーオフ3試合で1得点3アシストと出色のパフォーマンス。残り3試合でのプレーに、海外メディアも熱視線を送っているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング