浦和FWユンカーがJ1リーグデビュー弾! 技あり“左アウトサイド”で公式戦2戦連発

浦和レッズに新加入のFWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】
浦和レッズに新加入のFWキャスパー・ユンカー【写真:Getty Images】

武藤のラストパスから仙台GKスウォビィクとの1対1を冷静に制す

 浦和レッズの新外国籍FWキャスパー・ユンカーが、J1デビューとなった9日のベガルタ仙台戦で左足シュートを決め、公式戦2試合連続ゴール。早くも点取り屋としての実力を見せ始めている。

 浦和は4月1日、昨季のノルウェーリーグで25試合27得点をマークし、得点王とMVPをダブル受賞したデンマーク人ストライカーのユンカーを、ノルウェー1部FKボーデ/グリムトから完全移籍で獲得することを発表していた。その後、ビザ申請や入国後14日間の隔離を経て、4月26日からトレーニングに合流していた。

 そして5月5日のルヴァンカップ、柏レイソル戦でスタメン出場で日本デビューすると、前半9分に先制ゴールを決めていた。後半13分で交代していたユンカーは、この日の仙台戦ではFW武藤雄樹と組んで2トップでスタメン出場した。

 そして後半13分、浦和がMF小泉佳穂と武藤のパス交換で中央を突破すると、武藤のラストパスをペナルティーエリア内の右サイド寄りで受けたユンカーは、相手GKヤクブ・スウォビィクとの1対1で左足アウトサイドでのシュートを決め、J1初ゴール。日本での公式戦2試合連続ゴールになった。

 浦和はシーズン開幕前に昨季のチーム内得点王のブラジル人FWレオナルドが中国へ電撃移籍したが、その穴埋めとなる補強でやってきた北欧のストライカーは、早くもゴール量産の気配を見せている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング