マンU黄金期の“闘将”が指摘、古巣復権に必要な2人とは? 「特別な選手が足りない」

ユナイテッド現役時代のロイ・キーン氏【写真:Getty Images】
ユナイテッド現役時代のロイ・キーン氏【写真:Getty Images】

キーン氏が古巣マンUにケインとグリーリッシュの獲得を猛プッシュ

 元アイルランド代表MFの“闘将”ロイ・キーン氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドの補強ポイントを指摘し、2人のプレミアリーガー獲得を求めている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 現地時間2日までの日程が終わった時点で、プレミアリーグでは首位マンチェスター・シティが残り4試合で勝ち点80としている。2位につけるユナイテッドはリバプール戦が延期になった影響で残り5試合で勝ち点67。逆転優勝の可能性はわずかに残っているが、現実的にはかなり厳しい状況だ。

 そうしたなかで、ユナイテッドOBであるキーン氏はシティとの差を縮めるために、ユナイテッドには複数のワールドクラスが必要だと主張している。特に点取り屋と中盤のプレーメーカーの補強は必須だとし、プレミア内から2人の獲得候補の名前を挙げている。

「私は彼ら(ユナイテッド)がマンチェスター・シティに挑むためには、あと2人か3人の選手が必要だと感じている。彼らには不足がある。ワールドクラスのストライカーを必要としているし、さらなるミッドフィールダーやセンターハーフも必要かもしれない。だが、私の中でプライオリティーはストライカーとミッドフィールダーだ。

 ここ数週間私が考えた結果、マン・ユナイテッドにとって素晴らしいと感じたのは前線にハリー・ケインと、ジャック・グリーリッシュだ。いくらお金がかかろうとも獲得すべきだ。今のユナイテッドには特別な選手が足りないと感じている。グリーリッシュはそれを与えてくれる選手だし、彼ならオールド・トラッフォードでのプレーを楽しめるはずだ」

 キーン氏はアストン・ビラでプレーするグリーリッシュが、ここ1、2年で急成長したと絶賛。また、トッテナムのエースFWケインについても「ゴールを保証してくれる」選手だとして、ユナイテッドに獲得を猛プッシュしている。

 いずれも所属クラブで不動の存在なだけに、獲得は一筋縄ではいかないはずだが、クラブ黄金期を知るキーン氏はタイトルを再び獲得するために「マン・ユナイテッドは最高の選手を獲得しなければならない」と、強化の必要性を強調している。

 近年、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニなど、補強選手で“当たり”を出しているユナイテッド。今夏の移籍市場でも、その動向が注目される。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング