「世界に誇れる」 横浜FMの限定ユニデザインに賛辞続々「欲しい」「カッコいい」

横浜FMの現在の1stユニフォーム【写真:小林 靖】
横浜FMの現在の1stユニフォーム【写真:小林 靖】

ブラックとネイビーのボーダーグラフィックが基調、2日からオンラインショップで予約販売

 横浜F・マリノスは2日、限定スペシャルユニフォームの予約販売をオンラインショップで開始した。ブラックとネイビーのボーダーグラフィックが基調となったデザインはファンから好評を得ており、SNS上では「めちゃくちゃカッコいい」「普通に欲しい」「世界に誇れるユニフォーム」などの声があがっている。

 この限定ユニフォームは、7月10日開催のJ1リーグ第22節・アビスパ福岡戦や今秋にも着用を予定。クラブカラーであるトリコロール(青・赤・白)とは一線を画し、ブラックとネイビーのボーダーグラフィックが基調となっている。またクラブエンブレムの「錨」マークは従来のものよりシンプルなデザインへと改められるなど、限定仕様らしく所々に工夫が凝らされた一着だ。

 すでに先月30日に発売がリリースされ、オンラインショップで2日の午前10時より年間チケット会員向けに予約販売が開始されているなか、詳細が掲載されたクラブ公式ツイッターには「めちゃくちゃカッコいい」「普通に欲しい」「エンブレムも変えて、スポンサーロゴも白に統一して、クールでシンプルでいい」「世界に誇れるユニフォーム」「お洒落」など、そのデザイン性を称えるファンの声が多数寄せられている。

 サイズや種類は全5種類(大人/限定4000枚、キッズ/限定500枚、ミニキット/限定500枚、GK2ndユニフォーム/限定200枚、ゲームパンツ/限定500枚)。それぞれ販売枚数が決まっており、ファンにとっては垂涎の一品と言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング