ユナイテッドMF、ポルトガル人選手で5人制チーム作成 「トップ選手」と称したのは?

中盤はルイ・コスタ、前線にはフィーゴとロナウドを選出

 中盤については、最初はクリエイティブMFを2人起用するとの案も考えたが、前線で「バロンドール受賞者の2人を選ばなければならない」ことから、1人にしている。

 昨冬の移籍マーケットでプレミアリーグに移籍した史上最高選手の1人との称賛も受ける自身は選外とし、「デコか(マヌエル・)ルイ・コスタのどちらか。難しい選択だ。他の選手を選べばどちらか1人に決めなくていいのに」と悩みつつ、ルイ・コスタを選んだ。

「デコのことは本当に好きだし、僕が育った時代のデコはエレガンスで何をとっても最高の10番だったけど、イタリア時代のルイ・コスタはトップ選手だったと思う。今、イタリアに行って、フィオレンティーナやACミランのファンに聞くと、彼がトップ選手だったような感じで話をするから」

 そして、絶対に外せないバロンドールプレーヤー、ロナウドとフィーゴ氏が前線に。フィーゴ氏は代表としてのトロフィーはないものの、バルセロナやレアル、インテルなどで活躍し、2000年にバロンドールに輝いた。ロナウドはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)と並び現代サッカー界の頂点に立つ存在で、クラブでも数多くのタイトルを手にしてきたが、代表では2016年欧州選手権(EURO)と18-19ネーションズリーグを制覇。バロンドール賞はユナイテッドとレアル時代に計5回獲得している。

 フェルナンデスは将来、ロナウドやフィーゴ氏らと肩を並べて語られる存在にのし上がれるだろうか。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング