川崎、三笘→L・ダミアン→旗手の“開始3分連携弾”にファン感嘆 「笑うしかない」

川崎FW旗手怜央が開始3分で先制点【写真:高橋 学】
川崎FW旗手怜央が開始3分で先制点【写真:高橋 学】

堅守を誇る名古屋相手にわずか3分で先制に成功

 川崎フロンターレは29日、J1リーグ第22節で2位名古屋グランパスと対戦。リーグ最少失点の堅守を誇る相手に対し、開始3分に連携弾で先制点を奪い、「崩し上手」「えぐい」と声が上がっている。

 開幕12戦無敗(10勝2分)でリーグ最多の30得点を誇る王者・川崎と、最少失点の名古屋が激突した一戦。“最強の矛と盾”の対戦とも言われたゲームは、前半3分にあっさりとゲームが動く。

 川崎のMF三笘薫が左サイドからカットイン。ゴール前へ斜めのパスを入れ、FWレアンドロ・ダミアンがポストプレーで落とすと、MF旗手怜央が反応。ペナルティーエリア中央で右足を振り抜いてネットを揺らし、先制に成功した。

 Jリーグ公式ツイッターが得点速報を投稿すると、「速すぎる」「笑うしかない」「崩し上手」「えぐい」とファンからも驚きの声が上がった。

 川崎の勢いは止まらず、前半10分、同23分にL・ダミアンが立て続けにゴールを挙げ、12戦で3失点だった名古屋相手に、わずか23分間で3点を奪っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング