「クラブを去る必要がある」 リバプールFWの売却をOB指摘「南野も疑わしい」

出番激減のオリギは今季限りで退団か【写真:Getty Images】
出番激減のオリギは今季限りで退団か【写真:Getty Images】

出番激減のオリギは今季限りで退団へ? 「必要な資金を調達するのに役立つ」

 リバプールは昨季、30年ぶりのリーグ優勝を達成したが、今季は苦しいシーズンを過ごしており、現在6位とトップ4から脱落している。そんななか、現地メディアは「リバプールOBはオリギを売却する時が来たと感じている」と見出しを打ち、ベルギー代表FWディボック・オリギの放出に注目している。

 昨季王者リバプールが苦しんでいる。今季は一時首位に立ったものの、主力の負傷離脱が相次ぎ、チームのバランスが保てなくなると急失速し、優勝争いから早々に脱落。直近リーグ戦2試合の第32節リーズ・ユナイテッド戦、第33節ニューカッスル・ユナイテッド戦ではともに先制点を奪いながらも終了間際に同点弾を奪われ、1-1と引き分けている。

 決定機を生み出しながらも得点力不足が課題として浮かび上がっているなか、これまでスーパーサブの役割を務めてきたオリギの出番が激減しており、リーグ戦での出場試合はわずか9試合でノーゴールとなっている。そんななか、リバプール専門メディア「ROUSING THE KOP」は「『彼は去る必要がある』:リバプールOBはオリギを売却する時が来たと感じている」と見出しを打って取り上げている。

 記事では、かつてリバプールで活躍したジョン・オルドリッジ氏が英地元紙「リバプール・エコー」に寄稿したコメントが紹介され「リバプールにとって大規模に動く夏となる可能性があるが、必要な資金を調達するのに役立つ人材が揃っている」と、2014年から在籍しているオリギを手放すタイミングが来たと主張している。

「オリギはクラブを去る必要性があるというのが私の考えだ。出場時間を確保できるクラブに向かうべきだ。南野(拓実)についても、将来リバプールで戦力となるのか疑わしいので、クロップはそこも見極めようとしているはずだ。(ジェルダン・)シャキリもより多くの出場機会を望んでいるはずなので、リバプールのアタッカー陣には大きな変動が起こることだろう」

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権も逃すとなると、リバプールの主力勢にも退団の可能性が浮上してくることが予想されるが、チーム再建に向けたトップタレントを補強するためにも、オリギを含めた在籍選手の多くを放出する大刷新が行われるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング