サウサンプトンOB、南野&ウォルコットの完全移籍に期待 「可能性を探っているはず」

サウサンプトンへレンタル移籍中のMF南野拓実とFWセオ・ウォルコット【写真:AP & Getty Images】
サウサンプトンへレンタル移籍中のMF南野拓実とFWセオ・ウォルコット【写真:AP & Getty Images】

ベナリ氏は「完全移籍しないと、誰が言い切れる?」とコメント

 日本代表MF南野拓実が所属するサウサンプトンは現地時間18日、FAカップ準決勝でレスター・シティと対戦する。冬の移籍市場でレンタル加入した南野は、すでにリバプールの選手として大会に出場している。そのため、この試合に出ることはできない。サウサンプトンのレジェンドであるフランシス・ベナリ氏は、英メディア「GIVE ME SPORTS」のインタビューで、南野が不在となることで大きな影響があると語った。

 サウサンプトンに加入して以来、南野は公式戦6試合に出場して2得点を記録。ベナリ氏は、「彼はインパクトを与えている。大きなインパクトをね」と評価している。

「チェルシー戦のゴールは素晴らしかった。フィニッシュ、走り出すタイミング、ボールタッチ。また、彼はニューカッスル戦とのデビュー戦でもゴールを決めた。彼の不在は、大きな穴となるだろう」

 加入直後は結果を出していた南野だが、直近4試合のうち3試合は出番なし。継続的には結果を残せていないなか、ベナリ氏はエバートンからレンタル移籍している元イングランド代表FWセオ・ウォルコットと南野について、クラブは完全移籍での獲得を考えているのではないかとコメントした。

「ラルフ(・ハーゼンヒュットル)と首脳陣は、レンタル移籍している選手たちについて、すべての可能性を探っていると思う。彼ら(ウォルコットと南野)が完全移籍しないと、誰が言い切れる? ほかにも新しい選手が何人か加わるだろうし、クラブが加えたい選手がいるだろう。私たちには、強化しなければいけないポジションが明確にある」

 レンタル移籍で選手を補っている2列目のポジションには、補強の余地があるサウサンプトン。リバプールへの復帰報道もある南野だが、将来の選択肢を広げるためにも、与えられたチャンスに結果を出したいところだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング