「我々は正しい方法で勝ちたい」 マンU監督、“疑惑の転倒”への発言に韓国紙が反応

ユナイテッドのスールシャール監督とトッテナムFWソン・フンミン【写真:AP & Getty Images】
ユナイテッドのスールシャール監督とトッテナムFWソン・フンミン【写真:AP & Getty Images】

韓国紙は「ソンが正しい方法を取っていなかったとの意味で解釈できる」と見解

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは、現地時間11日に行われたマンチェスター・ユナイテッド(1-3)戦で、ファウル判定を巡って非難の対象となっている。両チーム監督、その息子までもが参戦して話題となったなか、ユナイテッドのオレ・グンナー・スールシャール監督が「我々は正しい方法で勝ちたい」と口にした発言を韓国紙「東亜日報」が取り上げている。

 物議を醸したのが前半33分のシーンだ。ユナイテッドのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがゴールネットを揺らしたが、得点に至る直前のプレーでユナイテッドMFスコット・マクトミネイの右手がソン・フンミンの顔面にヒット。これがファウルか否かのレビューをVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が進言し、クリス・カヴァナ主審がオンフィールドレビューを行った結果、ファウルが認められてノーゴール判定となった。

 試合後、ユナイテッドのスールシャール監督は「自分の息子が3分間も寝転んだままで、起き上がらせるのに10人の仲間が必要であったのなら、食事は与えないだろう」と、ソン・フンミンの過剰なジェスチャーに皮肉めいたコメントを発した。これには、トッテナムのモウリーニョ監督も「ソニー(ソン・フンミン)の父親は俺よりも優秀である点を踏まえれば、ソニーは幸運だと言える。私は父親であり、父親というものは常に子供を養わなければならない。たとえ子供が何をしたとしても、だ。子供を養うのに盗みを働かなければならないのなら、私は躊躇しないだろう」と、ソン・フンミンへの批判を牽制していた。

 ここに、スールシャール監督の息子で、ノルウェー1部クリスチャンスンでプレーする20歳のMFノアも参戦。ノルウェー地元紙「Tidens Krav」に対し、「僕はソン・フンミンみたいに寝転んだりしない。モウリーニョ監督はただ単に負けたという事実から話題をそらそうとしただけだ」と語って話題を呼んだ。

 15日に行われるUEFAヨーロッパリーグ準々決勝第2戦グラナダ戦の前日会見で、スールシャール監督にメディアから再度マクトミネイとソン・フンミンの交錯について質問が飛んだという。

「我々は正しい方法で勝ちたい。相手は関係ない。常に勝ちたいんだ。他の人間がそうではないという意味ではない。単純に、すべての監督が公正に勝利したい、ということを言ったに過ぎない」

 記事では、スールシャール監督のコメントを伝えるとともに、「スールシャール監督が再度ソン・フンミンを“攻撃”するニュアンスの発言をした。ソン・フンミンの行動が誇張され、彼が正しい方法を取っていなかったとの意味で解釈できる」と伝えた。

 スールシャール監督は「他の人間がそうではないという意味ではない」と断っているが、意図しない形でコメントが伝わっている部分があるようだ。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング