ソン・フンミンの“転倒”は「おかしい」 元英代表FWが断罪「顔に当たったのは小指」

顔を抑えて転倒したトッテナムの韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】
顔を抑えて転倒したトッテナムの韓国代表FWソン・フンミン【写真:AP】

元英代表FWアグボンラホール氏がソン・フンミンへの“ファウル判定”に言及

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間11日、プレミアリーグ第31節のマンチェスター・ユナイテッド戦で先制点を奪ったが、チームは1-3で逆転負けを喫した。一方、ソン・フンミンに対するファウルでユナイテッドのゴールが取り消しとなったが、元イングランド代表FWガブリエル・アグボンラホールは「あんな風に倒れ続けるのはおかしい」とソン・フンミンを断罪している。

 物議を醸しているのは0-0で迎えた前半33分の場面だ。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがネットを揺らすが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。直前にボールを保持していたMFスコット・マクトミネイに対し、ソン・フンミンが止めようと肩を掴んだ際、振り払おうとしたマクトミネイの右手がソン・フンミンの顔面に直撃し、顔を抑えて転倒した。主審はオンフィールドレビューで確認した結果、ファウルと判定し、ゴールを取り消した。

 その後、トッテナムは前半40分、ジャッジに不満を覗かせていたユナイテッドの選手たちの隙を突くようにカウンターからソン・フンミンが先制点を奪い、リードを手にしてハーフタイムを迎えた。後半はユナイテッドの逆襲に遭い1-3で逆転負けを喫しなか、英紙「フットボール・インサイダー」はかつてプレミアで活躍したアグボンラホール氏のコメントを紹介しており、ソン・フンミンの振る舞いに疑問を投げかけている。

「近年のサッカー界で問題なのは、選手がとても繊細であるということだ。僕の時代であれば、瞬きすらしなかっただろう。パンチだったら分かる。でも、顔に当たったのは小指だ。プレーできたはずだろう。今のサッカー界は、少しでも触れるとファウルになる。これほど遠く、ゴールよりもずっと前のプレーで、ゴールを取り消しにできてしまうというのは本当に不可解だ。VARの存在は本当に苦痛となっている」

 この場面で、ソン・フンミンには批判の声が集っているが、「同意できるところもある。あんな風に倒れ続けるのはおかしい。ずっと寝転んでいたじゃないか。馬鹿げた事態だ。実際に負傷もしていなかった。彼が倒れたのは、追走したくなかったからだ。VARでチェックされ、ファウルとなるだろうと判断したんだ」と、VARの確認を視野に入れた“オーバージェスチャー”であったと主張。問題は想像以上の物議を醸しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド