「この角度で凄い」 宇佐美貴史、絶妙”トラップ弾”の反響拡大「完璧」「家宝案件」

殊勲の一撃を決めたG大阪FW宇佐美貴史(写真は昨シーズンのもの)【写真:高橋 学】
殊勲の一撃を決めたG大阪FW宇佐美貴史(写真は昨シーズンのもの)【写真:高橋 学】

鳥栖戦で殊勲の決勝ゴールを奪取、技術の高さが光ったゴールにファン喝采

 ガンバ大阪は、14日のJ1リーグ第18節サガン鳥栖戦を1-0で制し今季初勝利を挙げた。多くのファンが歓喜に沸いたなか、後半にFW宇佐美貴史が決めた殊勲の一撃への反響が拡大している。

 G大阪はヴィッセル神戸との開幕戦を0-1で落とした後、クラブ内で新型コロナウイルスのクラスターが発生し3月9日から活動を休止。約2週間の中断を経て活動を再開したものの、3日に行われた第7節サンフレッチェ広島戦(0-0)を皮切りに3試合未勝利(2分1敗)となっていた。

 その中で迎えた敵地での鳥栖戦では、相手の鋭いプレスをかわしながらチャンスをうかがうと、エースの宇佐美が魅せた。0-0で迎えた後半23分、敵陣左サイドでMF福田湧矢がボールを持った瞬間、逆サイドのペナルティーエリア内へ走り込みパスを要求。自らの足元へ届けられたボールを宇佐美は右足のインサイドでしっかりと止めると、すかさず鋭い右足シュートを突き刺した。

 トラップからシュートまでまさに完璧と言える一撃に対し、ファンからは「上手い!流石」「綺麗なトラップからあのシュートはうまい」などの声があがっていたなか、その反響はさらに拡大。G大阪の公式ツイッターは「宇佐美貴史選手の決勝ゴールを別角度からもどうぞ!」と綴り、右サイドから映されたゴールシーンの動画を投稿すると、その華麗な技に感嘆の声が続々と寄せられている。

「クオリティが高すぎる」
「このトラップ、ワンステップシュートは宇佐美にしかできんわ」
「タイミングもコースもバウンドも完璧やん」
「ワントラップ目のボールの置き方絶妙」
「この角度で完璧なゴールは凄い」
「家宝案件じゃん」
「他の選手じゃこうはならない」

 高度な一撃を決めた宇佐美に対しては「ずっと待ってた」「おかえり」といったコメントも寄せられており、チームの勝利とともに、エースのゴールに対してもファンからは喜びの声が溢れていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング